【3分で英語学習】もう間違えない!discussの直後にaboutは要りません。

【3分で英語学習】もう間違えない!discussの直後にaboutは要りません。

Hello from Canada.

Fruitful English講師のYukoです。

discuss + about/on?

私も間違えたことがあるのですが、

よくある間違いに

discuss + 前置詞

があります。

I will discuss about the new program tomorrow.

The two prime ministers discussed on the trade issue.

というように、discussの直後に

「~について」を表す前置詞aboutやonをつけてしまっていませんか?

NO!ですよ!

discussの直後にaboutやonは要りません。

discussは他動詞

discussは他動詞です。

他動詞ですので、discussの直後には目的語が置かれます。

つまり、文型は、

S (主語)+ V (述語)+ O (目的語)

になるんです。

ですので、

I will discuss the new program tomorrow. = 私は明日、新しいプログラムについて話し合う予定です。

The two prime ministers discussed the trade issue.=二人の首相は、貿易問題について議論した。

となります。

discussと前置詞を合わせるなら?

discussを述語にしたら、前置詞を使えないわけではありません。

discussのあとに「with + 人」を置くことができます。

例えば、

The CEO discussed with the board members. =社長は取締役員たちと議論した。

となります。

このあとに、「about ~=~について」を続けることができます。

The CEO discussed with the board members about his new idea.=社長は、彼の新しい考えについて、取締役員たちと議論した。

 

 

discussという動詞を使う時は、

disucssの直後にはaboutをつけない

前置詞を付けるなら、with+人+about ~の語順

と覚えておきましょう!

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (3 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

カナダ政府や日本政府機関でも勤務経験があり、現在も日本で年に一度カナダ外交に関する講座を大学で担当しているというこれまでにない経歴を持つ講師。カジュアルからフォーマルな英語表現まで指導することができます。