【3分でTOEIC!】PART6 攻略の基本

【3分でTOEIC!】PART6 攻略の基本

PART6は長文穴埋め問題

 

PART6は長文穴埋め問題です。

 

単一の短い文の中に1つだけ空欄があるPART5とは異なり、PART6では長文の中に複数の空欄があります。

 

メールやお知らせなどの長文の中に4つ空欄があり、それぞれに入れるのに適切な語句や文を選択肢から選びます。

 

長文は全部で4つあり、それぞれの長文に4つの設問(空欄)があるため、PART6には全部で16問あることになります。

 

PART6のタイムマネジメント

 

PART6は何分くらいで解くのがよいのでしょうか。

 

これは一つの考え方ではありますが、基本的には10分程度で解くのが良いでしょう。

 

なぜ10分なのか。

 

リーディングセクションの制限時間は75分です。

 

PART7はいわゆる「長文読解問題」であり、1問につき平均1分程度かかると言われています。

 

PART7は全部で54問ありますから、PART6が終わった段階で最低でも54分残しておきたいところです。およそ55分ですね。

 

75分から55分を引くと残るは20分。

 

そして「PART5は10分で解きましょう」と言われることが多いです。

 

PART5は30問ですから、1問平均20秒という現実的な数字です。

 

20分からPART5の10分を引いて残ったのが10分。

 

これがPART6に使える10分ということです。

 

PART6は長文4つですから、長文1つ(設問4つ)につき平均2分30秒使えるということになります。

 

PART6の解きかた

 

PART6の解きかたはPART5の解きかたとほぼ同じです。

 

文法問題であれば文構造を見て解く。

 

語彙問題であれば文の意味をしっかり考えてときましょう。

 

ただし、PART6では注意しなければならない点があります。

 

それは、PART6では「空欄の存在する文だけでその問題が必ずしも解けるわけではない」という点です。

 

多くの設問は、空欄のある文以外のどこかにその問題のヒントがあります。

 

例えば「長文の1文目に空欄があったとしても、そこから3文ほど読み進めなければ正解にたどり着けない」というようなことが非常によくあります。

 

したがって、PART6では「空欄を見たらすぐ解く」と思うのではなく、「空欄を見て、もう少し読み進めて見て(場合によっては最後まで読んで)から解く」と思っておくといいでしょう。

 

PART6の文選択問題

 

PART6には「文選択問題」というものがあります。

 

選択肢に文が4つ並んでいる問題、つまり空欄に入る適切な文がどれかを選ぶ問題です。

 

この文選択問題は難易度が高いことが多いです。

 

初級者の方は最初から解くのをあきらめて飛ばしてもよいでしょう。

 

中級者以上の方はぜひ解きたい問題ですが、この「文選択問題」は、「その長文を読み終わってから最後に解く」という方法がとてもおススメです。

 

「文選択問題」の誤答選択肢は長文全体を読んだ後に見てみると明らかにおかしいことが多いため、正解を選びやすいのです。

 

TOEIC対策に興味を持った方は、フルーツフルイングリッシュに「無料英語テスト800問(解説付き)」というものがあります。お試しください→こちらk

英語講師。YouTube「猛牛ちゃんねる」でTOEIC対策動画を配信中。最近はTOEIC®対策書籍等の教材作成に主に携わっています。Jet Bullというハンドルネームでブログ・twitterをしています。TOEIC満点50回超。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (9 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。