【3分で英検攻略!】これで合格!私の英検準一級大問1の勉強法!

【3分で英検攻略!】

みなさん、こんにちは!

みなさんは英検準一級の勉強を始める際、どのようなことから手を付けるでしょうか。私の場合はまずはボキャブラリーでした。英検準一級は覚えるべき単語の数が多いですから、とにかく浴びるように語彙力を増やしていきました。

それこそ英検準一級に出題される単語だけでなく、一級に出る単語も覚えるようにしてボキャブラリーで困るようなことはなくそうとしていました。ある程度ボキャブラリーを覚えたら(私の場合は約9000~10000語レベルにいったあたりから)、英検準一級の問題に着手しました。

いきなり長文読解をする気にはなれないので、まずは大問1からせめていこうと決めたのです。

今回は、私の体験談を踏まえ、英検準一級大問1の勉強法をみなさんと共有していきたいと思います。

英検準一級大問1の勉強法ポイント①「覚悟!」

早速ポイントをお伝えしてしまいます。ボキャブラリーをある程度獲得してから大問1に取り組むわけですが、私の場合は

「とにかく大問1で満点もしくは1~2問のミスに留める」ということを心に決めていました。

これは覚悟です。

本当に覚悟して取り組んでいましたので、ゆくゆくは本当に満点を取れたり、1~2問ミスに留められるようになっていきました。このように、あらかじめ目標を立てて勉強することは大事です。みなさんも英検の問題を取り組むときは各問題に対峙する前に、自分の覚悟を明確化しておきましょう。

英検準一級大問1の勉強法ポイント②「解きまくる!」

次は英検準一級大問1の勉強に関するポイントをお伝えしていきます。私の場合は序盤ではとにかく「大問1を解きまくる!」と決めていました。具体的にどれくらい解いていたかというと、数字でいうと1000問以上は解いたかと思います(笑)。冗談のようにきこえるかもしれませんが本当です。ちなみに書店に並んでいる英検準一級の対策本は全て購入し、大問1を解いていました。もちろん対策本を全て購入する必要はありませんが、序盤では大問1だけを何度も繰り返し解き続けました。

大問1は文章も短いですし、ずぼらな私には取っつきやすかったのです。ただただひたすらに大問1を解き続け(もちろんこの間にも単語帳を用いて語彙力強化はしていました)、相性の良い語彙と語彙、コロケーションも理解できてきたのです。

大問2や3、ライティング課題、リスニングもまだこの段階では行っていません。まずは大問1だけに絞って、集中的に取り組むようにしたのです。その方が余計なエネルギーを使わずに、脳も効率的に動いてくれます。

 

英検準一級大問1の勉強法ポイント③「書き込み」

また私はノートを使わずに、過去問の解説や参考書に直接大事なポイントを書き込むようにしていました。大問1を解いていく中で気付いた、覚えるべき単語や大事な英文法などを直接書き込んですぐに目にできるように工夫をしていました。

勉強するときにノートを使う方がいますが、私はあまりお勧めしていません。なぜならノートにきれいにまとめることが目的となりがちですし、次に勉強するときにまたノートを用意したり開いたりと色々手間だからです(私はずぼらなのでそのような考えになってしまいます)。

その点、直接過去問の解説や参考書に直接書き込むことで(問題ではなく解説の部分に)、「あれ、これどういう意味だっけ」と再度思ったときに、瞬間的に確認することができるからです。ノートに色々まとめてしまいますとまたいちいち該当箇所を探さないといけないですし、面倒に感じてしまうからです。

極力時間の無駄を省くためには、直接書き込む方が得策かと思っています(特に普段なかなかとれない社会人の方は)。

さらに大事なことが書き込んである参考書が一冊あれば持ち運べて、スキマ時間にどこでも勉強できるわけですので、ノートは不要です。

これらはシンプルで単純な方法ですが威力は絶大だと思いますので、興味がある方は実践してみてください。

 

いかがだったでしょうか。

今回は、英検準一級の大問1の勉強法についてご説明していきました。もし少しでも役に立った方法があれば幸いです。何か有益な方法があればぜひみなさんの勉強に取り入れていただき、ご自身でその効果を確かめてください。

 

 

英検対策に興味を持った方は、フルーツフルイングリッシュに「無料英語テスト800問(解説付き)」というものがあります。お試しください→こちらk

国際系の大学を卒業後、オーストラリア留学、某国産自動車ディーラー営業職、子ども英会話教室マネージャー、公立中学校の特別学級の担任、都内にある某有名出版社の英文添削者(主に国公立難関校志望の生徒さんを担当)を経験。さらに中学・高校の英語の教員免許取得、英検準一級合格、TOEIC730(2020年1月受験結果)、メンタル心理カウンセラーの資格を活かし、10年以上英語担当の塾講師として全国の学習者の指導に当たっている。また不定期にセミナー講師(心理学を応用した英語学習や自己啓発、スピリチュアル関連)も務めている。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (9 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

国際系の大学を卒業後、オーストラリア留学、某国産自動車ディーラー営業職、子ども英会話教室マネージャー、公立中学校の特別学級の担任、都内にある某有名出版社の英文添削者(主に国公立難関校志望の生徒さんを担当)を経験。さらに中学・高校の英語の教員免許取得、英検準一級合格、TOEIC730(2020年1月受験結果)、メンタル心理カウンセラーの資格を活かし、10年以上英語担当の塾講師として全国の学習者の指導に当たっている。また不定期にセミナー講師(心理学を応用した英語学習や自己啓発、スピリチュアル関連)も務めている。