【3分でつかむリーディングのコツ】英文チャンクを読む順番

【3分でつかむリーディングのコツ】英語を読む速さ「WPM」とは?

みなさん、こんにちは!インストラクターのNaokoです。

今回も、英語技能4本柱(読む・書く・話す・聞く)のうち、「読む」という技能について書いていきます。

前回の復習-英文のチャンキング

前回は具体的なチャンキングの例を取り上げました。

※前回の記事、「【3分でつかむリーディングのコツ】チャンキングをやってみよう」はこちらからどうぞ!

身の回りの英文を、「チャンキングをする位置」についての目安を
参考にして(絶対的なルールではありません)、
自分でもチャンキングしてみましたか?

しばらくは、身の回りにある英文を、
かたっぱしからチャンキングしてみると良いですよ。

英文をチャンクで捉える癖がついたらしめたものです。
英文読解がぐっと楽になる第一歩習得です。

では、次のステップに行きますよ。

次は「語順」に注目

チャンキングした英文は、日本語の意味に合わせた、
日本語らしい文にすることなく、英語の語順そのままに理解して行きましょう

これが次の大きなポイントです。

意味の切れ目毎に意味を理解し、そのままの語順で読んで行くのです。
つまり「返り読み」をしない、ということです。

意味のわからない単語に出会っても、無視です。
意味を調べると、折角の流れが中断されてしまうので、
細かな意味を確認するよりも流れを優先して、
読み進めてください。

音読も、黙読も「チャンキング+英語の語順」

わたしたちには、学校英語の影響で、
きれいな日本語文に組み立てるために、
英文の上を前後に忙しく前に戻ったり後ろに行ったり、
目を動かしながら意味を取って来ました。

でもこれをしている限り、早いスピードで英文を読めるようにはなりませんし、
いつまで経っても英語を英語で理解することが出来ません。

前回チャンクで音読をすると良い、という話をしましたが、
黙読においてもしかり。
英文のままの語順で読むことがとても大事になります。

英文は、「頭から」どんどんチャンクにして行き、その都度意味を確認して
ひたすら前へ読み進めましょう。

今回のまとめ

英文をチャンキングしたら、チャンクの順番通りに、
つまりは英語そのままの語順で意味をとって行くようにしてくださいね。

 

 

あなたは「英語らしく」英語を書けていますか?

「日本人っぽい英文」「意味は伝わる。」
こんなことを耳にしたことはありませんか?

英語らしい英語を書くことに必要なものってなんでしょう?
もっと単語を覚える?もっと文法を勉強する?

いいえ、最も大切なことは、英語を英語足らしめている文章の基本ルールなのです。

この1冊で、英文ライティングのたった1つのルールを身に付け、自分の考えを「英語の伝え方」に仕立て直すことができます。

今すぐ確認する

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (3 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

海外で暮らし始めた時はほとんど英語を話せませんでしたが、最初の3ヶ月間、朝起きてから寝るまで(家族が言うには夜も英語で寝言を言うくらい)どっぷりと英語に浸かって勉強しまくり、英語力の基礎を培った講師です。 座右の銘は「All you need is love. But a little chocolate now and then doesn't hurt.(Charles M. Schulz)」