【前置詞をマスターしよう!】ミスが続出!なぜか忘れる play “with”

【前置詞をマスターしよう!】ミスが続出!なぜか忘れる play "with"

Hello there!

皆さま こんにちは

インストラクターの H. Yoko です。

 

子どもにおもちゃのウクレレを買ってあげたら~

 

早速ですが、上記のような状況、あり得ると思います。

 

おもちゃのギターでもピアノでも何でも良いです。

 

娘におもちゃのピアノを買ってあげたら、楽しそうに遊んでいるわ~

 

などの状況であれば

 

-She is playing the piano.

-She is playing the toy piano.

-My daughter is enjoying playing the piano.

 

このような英文が浮かびますでしょうか?

 

もしも「何か違和感があるな…」このようなお気持ちを少しでも持つのであれば、是非お持ちの英語感覚に自信を持っていただきたいです!

 

play + with + something(物)

 

単純に鍵盤をじゃんじゃん叩いたり、ウクレレであれば、弦などを適当に楽しく触っているのであれば、with を使用します。

 

with = ~を使って/用いて

 

という定義がありますが、日本語であれば

 

ピアノで~

ウクレレで~

 

こちらの「で」程度の感覚です。

 

i.e.

-My son has been into playing with the toy golf club all day long.

一日中、おもちゃのゴルフ遊びに夢中になっている

(=本物ではなく、おもちゃのゴルフクラブ

 

-Please keep your eyes on her because she is playing with the plastic toy guitar.

(彼女から)目を離さないでね。今プラスチックのギターで遊んでいるから。

(=子どもが口に入れたりしないように、など~

 

play + something(主に楽器)

 

なんとなくでも with を使用する理由が分かったと思います。

 

取りあえず楽しんでいるだけであれば、play with というわけです。

 

ですので、やはりきちんと演奏していたり、本来の目的通りに使用していれば with は不要、ということになります。

 

i.e.

-My daughter will play the piano for the chorus on the stage tomorrow!

明日娘がステージで、合唱のピアノを演奏するのよ

(=合唱できるようにピアノを弾く→ 演奏する→ 娘は歌は歌わない

 

-If you want to learn a musical instrument, but your live in a small apartment, I recommend you play the ukulele!

楽器を弾きたいな、と思っていても、アパートなどにお住まいであれば、ウクレレをおすすめします!

(=楽器を学びたい/できるようになりたいが、お住まいが集合住宅などであれば、ウクレレがいいよ

 

 

with = by using

 

最後になりますが、上記はほぼ同義です。

 

どちらも

 

~を使って

~を用いて

 

という表現をすることができます。ただし、先ほどご案内しましたように

 

~”で”

 

という程度の表現で十分であれば with で全く問題なしです。具体的に何かしら「力を借りている」場合などに by using をお使いになってみてください。ここで by のみを使用する方がとても多いのですが、日本語の「~によって」に惑わされないようにしてくださいね。

 

i.e.

-That was amazing that we played BINGO by using an AI robot at the year-end party.

忘年会で、AIロボットを使ってビンゴをしたんだ、すごいよね。

(=手動ではなく、ロボットの力を借りて行った

 

H. Yoko先生の前置詞マスターシリーズ記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ!

 

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (3 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

2 件のコメント

  • Just “play”, “Play with”, and “play ~by using” のニュアンスの違いがよく分かりました。ありがとうございました。

  • Yukichan さま

    こちらこそありがとうございました!

    本当にちょっとしたことなのですが、言葉から受けるイメージが変わると思います。
    たかが前置詞、されど前置詞ですね。

  • コメントする

    コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

    CAPTCHA