【1日1回は使う超便利英語フレーズ】”Be supposed to”を例文で覚えよう!

zakiさんのビジネス英語記事。

皆さん、こんにちは。

皆さんは、Be supposed toって見たことありますか?

私は、英語の単語帳にのっていたかなー?と曖昧な記憶しかありませんでした。
学校でも大きく取り上げられるフレーズではないですよね。

単語帳には、「~することになっている」と記載されています。
あまり日常生活で使えるイディオムでないように感じますね。

しかし、Be supposed toは日常会話でめちゃくちゃ使います。

私自身、カナダでたまたま出会った日本人のバイリンガルの先生に教わるまで、まったく知りませんでした。

Be supposed toを使えると、仕事や友達との予定、天気の話などすることができます。
1日1回以上は使う場面があるフレーズですので、ぜひ覚えましょう。

 

Be supposed to は他人からの期待

Be supposed toのコアの意味は、人からの期待です。
つまり、「~することになっている」です。

人はいろんなことに期待しています。その為、Be supposed toの使える場面は、様々存在します。
例文を交えながら、実際の使い方を見てみましょう。

 

1. 友達との約束や予定

友達とあなたとの間で、何かをすることになっている
=友達からあなたの行動を期待されていることになっています。

例)I am supposed to go to school with Lisa today.
(今日、リサと学校に行くことになっています。)

例)I am supposed to go out for a drink with my friends after work.
(仕事の後、友達と飲みに行くことになっています。)

 

2. 天気予報のはなし

人々が期待するのは人の行動だけではありません。天気にも期待しますよね?

例)It is supposed to rain today. So, you should take an umbrella with you.
(今日は、雨らしいよ。傘を持って行ったほうがいいよ。)

例)It was supposed to sunny today, but it is raining right now.
(今日は晴れのはずなのに、今雨降っているよ。)

 

3. ビジネスの場面で

予定を述べたり、ルールを説明したりする時など使う場面がたくさんあります。

例)Mr. Nakano is supposed to visit his clients in the afternoon.
(中野さんは、午後から顧客を訪問することになっています。)

例 You are supposed to follow our company’s policy. So, please read it.
(あなたは、私たちの会社のポリシーに従ってもらうことになっています。それを読んでください。)

 

疑問で使うと?

疑問形で使うと、「え!そうだったの?」という驚いた表現をすることができます。

例)Am I supposed to go to the temple today ?
(今日、私はお寺に行くことになっていたの?)

例)A: Why didn’t you call me ? (何で私に電話しなかったの?)
B: Was I supposed to? (そうすることになっていたの?)

 

まとめ

以下の2つを覚えて置きましょう。

  1. Be supposed toは、人からの期待がコアの意味。
    「~することになっている」と訳され、予定や計画など人から主語の行動が期待されている時に使われる。
  2. 疑問形で使うと「え!そうだったの?」という驚いた表現をすることができる。

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

【12/6(月)まで限定!】あなたはこんな間違えをしていませんか?

登場頻度が高いのに、日本人が最も間違える文法テーマがあります。
ネイティブなら、おしゃべりを始めた子どもから、老人に至るまで、学力の差に関わらずこの文法テーマを間違えて使うことはありません。

たった1つの文法テーマを、たった3つの簡単なルールで覚えるだけで、間違いなくあなたの英語の印象が良くなります!
自然な英語を目指しているなら、何よりもまずこれから学んでください。

送料550円のみで、通常3,850円の1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

その文法テーマとは?

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (25 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

タイで働く30歳の海外大好き営業マン 英語力0でカナダに留学し、猛勉強。TOEIC320点→TOEIC915点を取得しました。 カナダで身に着けた英語力を活かし、海外で働いています。ビジネスや日常会話で良く使う便利な英語フレーズを中心に記事を執筆しています。