I’m regrettable? いいえ、「残念な人」ではありません!

I’m regrettable? いいえ、「残念な人」ではありません!

こんにちは、さゆりです。

 

日本語を直訳して、トンチンカンになってしまいやすいのが be動詞+形容詞(S+V+C)の文型の英語です。

例えば、「私は残念だわ」を、I’m regrettable. と英訳するのは良く見かける間違いです。

でも、I’m regrettable. は、「私は残念(気の毒)な人」という意味になってしまいます!

 

Regrettableの意味と使い方

Regrettable を辞書で引くと、「遺憾(いかん)な、残念な、気の毒な、悲しむべき、痛ましい」とあるのですが、Regrettable の主語(対象)となるのは、通常「行為・事件」であって、「人」ではありません。

 

It was a regrettable accident. /  The accident was regrettable.

It is regrettable that forests are vanishing rapidly.

 

などの用法ですね。

 

「私は残念だわ」を英語表現する

ですから、「私は残念だわ」 と表現するには、

 

I regret that the accident happened.

I regret /am afraid that forests are vanishing rapidly.

 

となります。

SVCの構文の見てみよう!

前にもこのブログで、「主語は何かを論理的に判断する」というタイトルで触れたことがあるのですが、SVCの構文では、基本的にS = Cという構図が成り立ちます。Cは「補語」のことですが、要するにC(補語)はS(主語)の属性・特徴を表しているのです。下のような文章が良い例ですね。

 

She is beautiful.

He is ridiculed. (受け身の文章で、ridiculed はridicule の過去分詞ですが、形容詞と同じ役割を果たしています)

She = beautiful, he = ridiculed ですよね。

 

あなたは便利な人!?ーこんな英文の間違いにも注意!

また、下の文章のような間違いは割に頻繁に見かけます。この文章は、文法的には可能ですが、「もしあなたが便利な/都合の良い人間なら、お知らせください」という意味になってしまいます!

 

I would like to have a meeting with you tomorrow at 10:00 am.

If you are convenient, please let me know.

 

この場合の主語は、以下の例文のように convenientな「対象」であるべきです。

 

If the time is convenient to you, please let me know.

If that is convenient to you, please let me know.

 

このようにbe動詞+形容詞(SVC)の文を書く時は、形容詞が修飾する対象となる適切な主体を主語にすることを心がけて下さい。

 

 

あなたは「英語らしく」英語を書けていますか?

「日本人っぽい英文」「意味は伝わる。」
こんなことを耳にしたことはありませんか?

英語らしい英語を書くことに必要なものってなんでしょう?
もっと単語を覚える?もっと文法を勉強する?

いいえ、最も大切なことは、英語を英語足らしめている文章の基本ルールなのです。

この1冊で、英文ライティングのたった1つのルールを身に付け、自分の考えを「英語の伝え方」に仕立て直すことができます。

今すぐ確認する

ビジネスメールだけで3段階!
あらゆるシチュエーションに対応したメールスタイルを学ぶ!

K.Motoko先生のTHE FIVE STYLES

K.Motoko先生のTHE FIVE STYLES


友人から会社の上司など送る相手に合わせたメールスタイルが5種類、さらに丁寧度を6段階に分けて英文メールの書き方を学べます。 基本的な英文メールのルールを網羅しながらも、実際ネイティブがビジネスやプライベートでどのようなメールを書いているかという観点でEメールの書き方を指導します。

詳細はこちら

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (6 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在、オーストラリアのメルボルンに在住です。 日本を1991年に離れ、オーストリア、アメリカなどに居を構えました。20年近く、外資系金融機関で、リサーチ、営業に携わってきたので、専門は、金融/経済/会計ですが、現在は幅広く翻訳の仕事をしています。