【英検対策】単語力パワーアップ法

【英検対策】

みなさん、こんにちは!インストラクターのNaokoです。

先月から英検受験に向けて具体的な勉強方法について書いています。

前回は、英語力全体を底上げするには「英語で読書」をするのが一番だと書きました。https://www.fruitfulenglish.com/blog/naoko-3/

しかし、読書をするにも、わからない単語がたくさん出てくると筋が追いにくいし、つまらないですよね。読書と同時に単語力の増強をしていくと良いですよ。

単語帳の選び方

市販の単語帳を活用するのが効率的だと思いますが、一口に英語の単語帳と言っても書店には大学受験用、TOEIC用など目的別に色々並んでいますね。これを読まれている方は英検受験を目標にされているでしょうから、英検用に作られたものの中から選びましょう。

英検に頻出する単語を中心に作成されているので、暗記する際に効率が良いのです。(受験する級によっては、内容が他の単語帳とあまり変わらないものもありますので、既に単語帳をお持ちの方は実際に書店に行って掲載されている単語を見比べてから購入するようにすると無駄がありません。例えば英検準1級用と大学受験用では掲載されている単語が重複している可能性が高いです。)発音記号と例文が載っているものを選びましょう。

 

暗記は計画的に

単語帳を手にしたらまず1週間の暗記計画をたてます。1日に覚えられる単語の数は個人差があるでしょうし、試験までの準備にかけられる日数も各自異なるでしょうから、それぞれ微調整をして貰えればと思いますが、とりあえず1日に30個の単語を覚えていくとしましょう。

「30単語×7(日間)=210単語」ですから,1週間に210単語を勉強することになりますね。

1日30単語は多いなあ、という感じでしょうか。でも英検の単語帳に並んでいる単語の中には既に知っている単語もあるでしょうから、やってみるとさほど大変ではないと思いますよ。

覚えるのは「再頻出単語」のセクションにある単語です。(余裕がある方はもちろん他のセクションの単語も覚えてください。)

7日間のうち、

・最初の1日目は、210単語をざっと眺めて、知っている単語にチェックマークを付けていきます。これらは覚える対象から外すのです。そして頭から30個目の単語までを覚えていきます。

覚え方は、つづりを見て、発音記号を見て3回発音し、意味を確認して、例文に目を通します。

複数の意味が書かれている場合は、一番重要な意味(最初に書かれている意味)を頭の中でイメージしてみます。複数の意味があっても共通するイメージを掴み、それを覚えればOK。(学校の単語テストではないのでこれで充分ですし、むしろこの方が応用が利くのです。)

2日目は、前日に覚えた単語を見て、発音し、意味を言います。全く言えなかった単語にはピンクの付箋、何とか言えたけれど危なっかしい単語には黄色の付箋を貼っておきます。そして1日目と同じように新たな30個の単語を覚えます。

3日目は、1日目・2日目に覚えた単語を見て、発音して、意味を言います。言えなかった単語には前日同様に色分けした付箋を貼っていきます。全く言えなくてピンクの付箋を貼っていた単語がスラスラ言えるようになっていたら、付箋を内側に移動させます。全く言えないわけではないけれど、スラスラとは言えない、という場合はピンクの付箋の上に黄色の付箋を重ねて貼ります。

4日目~7日目まで同様に繰り返し、7日目の時点でも付箋が残っている単語は翌週も復習してください。

・また7日目は、気になる単語を幾つか選んで英英辞典(ネットに無料のものがあります)で調べてみると語彙力だけでない英語力が育ちますよ。

覚えたら付箋は取ってしまいたくなりますが、ぐっと我慢して貼っておいてくださいね。試験前の復習をするときは付箋のついている単語を見直せば良い、という目印になりますから。このために、付箋は何度も貼り直しが利く粘着力の強いもの、小さ目サイズのものを用意しておくと便利です。

 

何度も繰り返す。目標3回転。

眼に触れる回数が多いほど記憶に残ります。

同じ単語帳を3回繰り返して読み返すことを提案します。読む回数が進むにつれ、一時に見直せる単語数も増えていくでしょうからさほど大変ではないと思うのですが、同じことを繰り返していると飽きてしまうのも事実です。

1回転終えるごとに自分にちょっとしたご褒美を用意するなどしてみては。

 

飽きさせない為こんな工夫も

単語帳に「熟語」や「会話」「派生語」「コロケーション」などが載っている場合はそこもチェックしましょう。英検に限らず、あらゆる場面で有効です。

ネットにある無料の単語力テストをやってみるのも励みになります。

 

今日のポイント

人間は忘れる生き物。

脳が重要でないと判断したことは忘れるように出来ています。それなら脳が「重要だ」と認識するよう、あの手この手で働きかけましょう!

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (8 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。