【英語学習!3分でわかる代名詞】もう代名詞に迷わない!

【英語学習!3分でわかる代名詞】もう代名詞に迷わない!

こんにちは!講師のMikaです。

英語の代名詞には、
1人称:I, my, me, we, our,us
2人称:you, your, you, you, your, you
3人称:he/she/it, his/her/its, him/her/it, they, their, them
などがありますね。

でもこのような状況のときにどの代名詞を使ったらいいか迷ったことがありませんか?

 

迷ってしまう代名詞①ー性別を表さない集団

*話し手や書き手である【私】を含む集団や団体
例えば「弊社」などと表すときは、we, our, usと表すことができます。

例:We, the Fruitful Inc., are pleased to announce that our new product has been launched.

*「御社」など相手先を表す場合
you, yourを使って表すことができます。

例:We look forward to receiving your order in the near future.

 

迷ってしまう代名詞②ー性別を表さない1人の人

*he/she, h/sheやhe or she

heと指し表しているのを見かけると思います。
heは「彼」という意味の他にも「その人は(が)」という意味で使われています。

しかし、現在ではgenderにおいての表現が厳しいの、これは差別的とされ、現在は一般的にはhe/she, h/sheやhe or sheと表すことが多いです。

*they, them, their

they, them, theirは「彼女たち」「彼らは」と複数形の代名詞という感覚ですよね。
でも性別を問わない1人の人「その人」を指し表すこともできます。

ただし、この場合注意が必要です!

それは、この場合they, them, theirの前に、someone, everyone, each, (n)either, no one, anyoneなどの不定代名詞を受けた場合、性別を問わない1人の人を指し表します。

例:Nobody said that they would come.

 

迷ってしまう代名詞③ー赤ちゃん、子供、ペットや身近な動物

さて、添削をしていてitは人や動物に対して使えるのか?という質問をよく受けます。

皆さんどう思われますか?

文法的には赤ちゃん、子供、ペットや身近な動物に対してitを使うことができます。

でも、ここでも注意が必要です!

自分の、自分に近い人や知り合いの赤ちゃん、子供やペットを指し表す場合ですが、itではなく、
*性別が分かる場合は、he/hisやshe/her
*性別が分からなくても、your~
と表わします。

例:I have a dog. His name is Jack.

Your baby is so adorable!

でも、全然知らない赤ちゃん、子供、ペットや動物や、姿が見えない性別不明な人を表すときはitを使うことができます。

例:I saw a baby who was watching its own hands moving.

We found a kitten but we didn’t know who it belonged to.

“Who is it?” “It’s me, Mika.”

なので、例えば友人のペットについて話す場合、itではなくhe/hisやshe/herを使った方が、飼い主である友人とギクシャクしないで済みますよ!

 

フルーツフルイングリッシュでは、日々の出来事や思うことを英語で書いてすぐに添削してもらえます。
是非お試しください。

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

幼少期に6年間南アフリカ共和国で生活したことのあるMika先生は日常的に英語を使う環境で育ちました。英語の魅力に目覚めた後、帰国後は大学で英語を学び、さらには英語を使って仕事をされています。毎日の生活のための英語、アカデミックな学びの英語、そして職業としての英語。これらすべての英語を経験してきたMika先生に、あなたが必要としている英語を学んでください。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (7 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

幼少期に6年間南アフリカ共和国で生活したことのあるMika先生は日常的に英語を使う環境で育ちました。英語の魅力に目覚めた後、帰国後は大学で英語を学び、さらには英語を使って仕事をされています。毎日の生活のための英語、アカデミックな学びの英語、そして職業としての英語。これらすべての英語を経験してきたMika先生に、あなたが必要としている英語を学んでください。