すごい人は、こうだからすごいのか・・・と思った瞬間

「孫正義の焦燥」という本を読みました。
ソフトバンクの孫正義社長のインタビューなどを通じて
最近の孫社長の姿に近づこうという本なのですが・・・

ぶったまげました。孫さんの発言がすごすぎます!

「俺はまだやりたいこと、やるべきことの一〇〇分の一も成し遂げていない」
「まだスタートラインにたったところという意識だよ」
「実に自分はちっぽけな存在で歯がゆい思いをしている」
「少し守りに入りかけている己を恥じ入る。もっと捨ててかからねば」
「目標が低すぎないか?平凡な人生に満足していないか?」
「でもやっぱり自分はちっぽけだと思うんだよ」
「最近と言うより、数十年間、無駄な時間を過ごしてきた」

えええええーーーー!!!!
あれだけ成し遂げて、まだそれいうの!?

書店でふと目についたこれ。
「一〇三歳になってわかったこと」

人は103歳になったとき何を思うのか・・・

「『いつ死んでもいい』なんて嘘。」

そうなのか!

挑戦には終わりがないようですよ!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (イイネ!は押されていません)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る