【 英検準一級に頻出!】「日常生活」の話題でよく見かける単語10

【 英検準一級に頻出!】

みなさん、こんにちは!

みなさんは普段どのように語彙力を強化していますでしょうか。単語帳を毎日見て、書いて、聞いて覚えている方もいるでしょう。いずれにせよボキャブラリーを増強していくには、地道な作業は欠かせませんね。

今回は、英検準一級で扱われるテーマの中でも特に「日常生活」をピックアップして、その分野でよく登場する単語を10個ご紹介していきたいと思います。どれも独断と偏見で選んだ単語になりますが、英検準一級の問題を解く上でとても重要な単語となりますのでこれを機にチェックしてみてください。

 

英検準一級の「日常生活」の場面でよく見かける、重要な単語10個

それでは早速英検準一級の「日常生活」の場面でよく見かける、重要な単語10個を挙げていきます。

もし瞬時に(3秒以内に)意味が出てくる単語が7個以上あれば、なかなかの上級者なのではないでしょうか。では一つ一つチェックしてみてください。

 

① optimistic    ② conceited    ➂ blunt    ④ grumble    ⑤ afflict    ⑥ mockery

⑦ solitude    ⑧ correlation    ⑨ contradiction    ⑩ wretched

 

 

さて、結果はいかがだったでしょうか。

 

全て暗記できていましたでしょうか。それでは一緒に意味を確認していきましょう。

① optimistic

「楽天主義の、楽観的な」という形容詞です。これは、

Her opinion is too optimistic.(彼女の考えは甘い。)

のように、悪い意味でも使われたりもします。反意語はpessimistic「悲観主義の、悲観的な」でこちらも頻出の単語ですので覚えておきましょう。

②conceited

「思いあがった、うぬ惚れている」という形容詞です。

Everyone is likely to more or less conceited.(誰でも大なり小なりうぶ惚れはあるだろう。)

という表現ができます。

 

③blunt

「鈍い、無遠慮な、不愛想な」という意味の形容詞です。もちろん「人」を主語に用いられますが、「物」を主語にして

This is a blunt knife.(これは切れないナイフだ。)

のように使うこともできます。

 

④grumble

「不平を言う、苦情を言う、ゴロゴロ鳴る」という意味の動詞です。grumble about(at、over)と相性が良く「~について不平を言う、ぶつぶつ言う」という意味になります。名詞として「不平、文句」としても用いられるので覚えておきましょう。

 

⑤afflict

「(精神的・肉体的に)苦しめる、悩ませる」という意味の動詞です。語幹の「flict」はラテン語で「打つこと」を表します。また同義語としてはburden、distress、plagueなどが挙げられるでしょう。

They are still afflicted with famine and war.(彼らは依然として飢餓と戦争に苦しめられています。)

と表現できるでしょう。

 

⑥mockery

「あざけり、笑いもの、冷やかし」という意味の名詞です。make a mockery of~、hold~up to mockeryはどちらも「~をあざ笑う」という表現になりますので覚えておきましょう。

 

⑦solitude

「一人でいること、孤独、独居、荒野」を意味する名詞です。同義語のlonesomeness、lonelinessも覚えておきましょう。

 

⑧correlation

「相関性、相互関係」という意味の名詞です。

This graph shows a correlation between smoking and lung cancer.(このグラフは喫煙と肺がんの相関関係を示しています。)

と表現できるでしょう。

 

⑨contradiction

「否認、否定、反対、矛盾」を表す名詞です。「contra-」という接頭辞は「~に対して、反対の、逆の」という意味があります。またin contradiction to~「~と正反対に、~に反して」というイディオムも押さえておきましょう。

 

⑩wretched

「哀れな、可哀想な、惨めな、不幸な」という意味の形容詞です。「人」を修飾する以外にも、a wretched house(みすぼらしい家)、a wretched weather(酷い天気)、This food is wretched stuff.(この食べ物は酷い。)などのように「物」を修飾することもできます。同義語としてはmiserable、forlornが挙げられるでしょう。

 

今回の英検準一級の「日常生活」の話題でよく見かける単語10個についてはいかがだったでしょうか。

全て暗記できていましたでしょうか。もし暗記できていない単語があれば、上記の短文やイディオム、同義語を参考に覚えてしまいましょう。短文やイディオムを何度も音読してセットで覚えてしまってもいいですね。

ボキャブラリーを暗記することで読解はもちろん、リスニングやライティングにも活きてくることです。「あとで」と思わず、「この場で」覚えようとする意識が語彙力強化には大切です。ぜひ毎日地道な努力を重ねてボキャブラリーを増やしていきましょう。

 

 

英検対策に興味を持った方は、フルーツフルイングリッシュに「無料英語テスト800問(解説付き)」というものがあります。お試しください→こちら

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (10 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

国際系の大学を卒業後、オーストラリア留学、某国産自動車ディーラー営業職、子ども英会話教室マネージャー、公立中学校の特別学級の担任、都内にある某有名出版社の英文添削者(主に国公立難関校志望の生徒さんを担当)を経験。さらに中学・高校の英語の教員免許取得、英検準一級合格、TOEIC730(2020年1月受験結果)、メンタル心理カウンセラーの資格を活かし、10年以上英語担当の塾講師として全国の学習者の指導に当たっている。また不定期にセミナー講師(心理学を応用した英語学習や自己啓発、スピリチュアル関連)も務めている。