【特にリーディングセクションに効果的!】TOEIC500点以上の方におすすめする勉強法

英語講師のHANAKOさんによる記事。【特にリーディングセクションに効果的!】TOEIC500点以上の方におすすめする勉強法

皆さんこんにちは!

学校や職場が変わって環境が一新されたときは、何かをスタートするのに最適な時期です。
そんなときTOEICを初めて受験される方もいらっしゃると思います。

今回は平均より少し低い、TOEICスコア500点前後の方向けに、特にリーディングセクションに効果的な勉強方法をご紹介したいと思います。

 

TOEIC500点はこのくらいのレベル

TOEIC Listening & Reading Testのスコアは、5点刻みで最低10〜最高990で表示されます。
日本では多くの人が名前は聞いたことがある、最も有名な英語試験のひとつですよね。企業でも英語運用能力を測る基準として、採用や人事評価で取り入れられています。

TOEICの全体平均はおよそ580-620点TOEIC500点の実力の目安は「日常生活のニーズを満たして限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる」レベルとされています。

履歴書に書いてアピールできるスコアが600点以上とされていますので、現在のスコアが500点の場合、もう100以上はスコアアップを目指したいところです。

 

TOEIC500点の語彙力と学習法

まずTOEIC500 前後のスコアの方の語彙力ですが、高校英語で出てくる単語(TOEIC換算だと300~500点レベル)や、ビジネスでよく使う単語に定着していない場合が多いでしょう。すぐにTOEIC600以上レベルの単語に取り組みたいところではありますが、まずは基礎レベルの単語を定着させることが優先です。英単語を見たときに、悩まず瞬時に意味が思い浮かぶくらいを、クリアの目安としてください。

またこの時に意外と忘れがちなのが、発音も併せて覚えることです。今後その単語を実際に使っていくということを考えると、単語は発音も一緒に覚えないと意味がないといってもいいくらいです。

音がわからないとリスニングで聞き取れないのももちろんですが、リーディングにおいても発音がわかることは必須です。なぜかというと、私たちは英文を黙読するときに、頭の中で発音しながら読み、理解しているからです。

発音がわからないと、その分リーディングの精度もスピード落ちてしまいます。そのため必ず発音を確認し、正しい音で読みながらしながら覚えていきましょう。

基本単語が覚えられたら、単語帳や単語アプリを使ってTOEIC600点レベルの単語を同じく発音を確認しながら覚えるようにしましょう。

 

 

TOEIC500の文法知識と学習法

単語と同じく、文法も基本知識が定着していない場合が多いです。

基本文法はじっくりゆっくり取り組むより、中学・高校文法がまとめられているテキスト&演習問題を使って、駆け足で確認してしまいましょう。その単元の文法を理解できて、例文を見た時にすぐに意味がわかればOKです。

その後はTOEICのPart5対策(文法、品詞問題)に移ります

TOEICPart5対策用の問題集を使います。そこでひたすら問題を解き→わからなかったら解説を読んで理解→しばらくしたら間違えた問題のみやる、と流れを繰り返し、細かい知識、ルールを補完していきます。

 

TOEIC500の読解力と学習法

リーディングセクションが最後まで解き終わらないというお悩みはありませんか?

TOEIC500レベルの英語力だと、リーディングをしていてもわからない単語や文法で詰まったり、読めたとしてもスピードが遅く、読んでいるうちに前の内容を忘れてしまったりすることがよくあります。
語彙や文法の知識は個別で対処する必要がありますが、同じく読解力を上げるための練習も別に必要といえます。

リーディングにおいて、先に述べたような問題がある場合、大抵の人は英語を日本語訳に直しながら、英語を日本語の語順を変えながら読んでいます。
これは返り読みと言って、スピードも理解度も落ちる、あまり英語読解の方法としては適さないやり方です。

英語を速く正しく読むためには、日本語の語順に直さず、前から語順通りに理解していくことが大切です。そのためには英語の語順、特にSVOCに代表される文型を理解しておくことが効果的です。
SVOCは、文の骨格になる部分で「要は何を言いたいのか」が表れるところです。
そこがすぐ取れるようになれば、なんとなく何が言いたいのかがわかります。最初から細かいところまで完璧な日本語訳にするのではなく、文の中心になる内容を英語の語順のまま理解する癖をつけていきましょう。

英語をそのままの語順で、前から読むことを意識して読解練習をするだけでも効果があるので、ぜひやってみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はTOEIC500点以上の方のための勉強法を、特にリーディングセクションに効果的なものに絞ってご紹介しました。
まずは基礎レベルの語彙や文法を定着させること、その際に発音もしっかり確認すること、そして英文は前から読む意識をすることが大切です。

何かをスタートするのに絶好の季節、TOEICの勉強を始めるのに今回の記事が少しでも参考になりましたら嬉しいです。

 

 

あなたは「英語らしく」英語を書けていますか?

「日本人っぽい英文」「意味は伝わる。」
こんなことを耳にしたことはありませんか?

英語らしい英語を書くことに必要なものってなんでしょう?
もっと単語を覚える?もっと文法を勉強する?

いいえ、最も大切なことは、英語を英語足らしめている文章の基本ルールなのです。

この1冊で、英文ライティングのたった1つのルールを身に付け、自分の考えを「英語の伝え方」に仕立て直すことができます。

今すぐ確認する

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (34 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

語学は楽しくがモットーの英語講師 英語ペラペラに憧れ、行ったらなんとかなるでしょと勇んでアメリカ留学も、"How are you?"さえ聞き取れず撃沈。 現地で幼児番組からスタートし英語を習得。紆余曲折の独学とこれまでの指導経験をもとに、英語学習系の記事を中心に執筆しています。