【3分で分かる!】try doingとtry to doの違いとは…?

【3分で分かる!】try doingとtry to doの違いとは...?

こんにちは、講師のエリカです。

英語には、同じ表現でも周りの構造によって意味が変わる表現があります。used tofeel likeもその例です。

うっかり間違えると誤解を生む可能性もありますので、今回は、後ろの動詞の活用によって意味が変わる動詞tryを見てみたいと思います!

 

try doingとtry to doの違いとは…?

まず、この二つの英語を見てみましょう。

① I tried to open the door.

② I tried opening the door.

どちらでも、動詞tryと動詞openが使われていますし、目的語も一緒ですね。違うのは、openの活用形だけです。

①ではto不定詞が使われているのに対し、

②ではing形が使われているのですが、

実はこれだけでもかなり意味が変わってくるのです。この二つの例文が表している状況が違いますが、どのような違いか分かりますでしょうか?

 

ずばり!

①ではドアを開けようとしたが、開きませんでした。

一方、

②はドアを開けてみたということを表しています。つまり、②では一応ドアが開いたということですね!

言い換えれば、

try + to不定詞は、なにかが難しい、しづらいというときに使うのが一般的です。「しようとするが出来ない」「辛うじて~する」というニュアンスが少し含まれているように感じるのです。

これに対し、

try + ing形は、「(一応)やってみる」「やってみてどういう結果になるか見てみる」というニュアンスで使います。

より分かりやすい例で言うと、こう使い分けます。

例)The food tasted bland, so I tried adding some salt.

「味がかなり薄かったので、ちょっと塩をかけてみた。」

例)I tried to sleep, but the room was too cold.

「寝ようとしたが、部屋が寒すぎてできなかった。」

後ろの動詞で「結果」が変わってしまうので、tryを使うときは是非注意しましょう!

 

ちぐはぐな英語に注意

逆に言えば、次のような文はちょっとちぐはぐな英語になってしまうので、避けるようにしましょう。

例)I tried opening the door, but it wouldn’t open.

「ドアを開けてみたが、開かなかった。」

 

但し、両方使えるときもあります。

A. I tried calling her, but there was no answer.

B. I tried to call her, but there was no answer.

「彼女に電話してみたが、彼女は出なかった。」

このように、どちらでも意味が通じる場合もあります。

A.では「電話してみた」というふうに表現しており、

B.では「電話しようとした」というふうに表現していますが、どちらも結果としては「出なかった」で終わります。このため、表す状況が一緒です。

また、構造と意味が似ていますし、文脈から言いたいことがだいたい分かるのでネイティブでも混合して使うことがありますが、基本的なルールはここに書いた通りになります。

 

いかがでしたか?

是非間違えず使い分けれるようにしてくださいね!

 


英単語の意味、使い方をもっと学びたいという方へ

H.Yoko先生のShare the 26 AtoZ

H.Yoko先生のShare the 26 AtoZ


このテキストではこんなことを学べます。

  • 基本的な単語ほど間違っている事実に着目し、よく間違われていて日常生活でよく使うものだけを厳選し、ABC順で単語の使い分けを整理しました。
    索引性にもすぐれているので、あれ?どうだったかな?という時もすぐに調べることができます。
  • よくあるミスと、本来の言葉の使い方を豊富な例文と分かりやすく楽しい語り口で整理しました。具体的な説明にこだわったので小説を読むようにスーッと頭に入ってきます。
  • 詳しい解説と、多数のイラスト、余白を豊富に取ったストレスないレイアウトで、よくある日本人の基本単語の誤用から、正しい基本&必須単語の理解を進めます。

詳細はこちら:https://www.fruitfulenglish.com/customers/TST.html

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (26 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語能力試験最難関のN1取得。幼い頃から日本文化に興味を持ち、日本語も日本人と見分けがつかないほど流ちょうに使いこなせるN1講師。座右の銘は「Challenge yourself!」