【3分でビジネス英語メール】~日本人によくある英語メールミスはコレ!

【3分でビジネス英語メール】~日本人によくある英語メールミスはコレ!

ビジネス英語メール注意点!あなたはこんなミスをしていませんか?

 

皆さんこんにちは、

フルーツフルイングリッシュ講師のEriiです。

皆さんは普段どのような場面で英語を

使っていますか?

 

多くの方が仕事で英語を必要と

しているのではないでしょうか?

 

フルーツフルイングリッシュでも、

当然の事英語でメールをすることがあります。

日本人のスタッフ間は日本語メールが多いですが、

英語ネイティブの先生とは英語でやりとりをすることが多いです。

 

さて、ビジネスメールで、

 

突然のメール失礼します。

突然メールをお送りして申し訳ございません。

突然のお願いで恐れ入りますが・・・、

 

突然連絡をしたことを謝ることがありますよね。

 

これを英語にするとどのように表現できると思いますか?

思いついた英語を書いてみて下さい。

 

いかがでしょうか?

どのような英語が浮かびましたか?

 

「突然」なので英語では

 

sudden

suddenly

 

が浮かんだのではないでしょうか?

文章にすると下記のような英語が

浮かんだのではないでしょうか?

 

I am sorry for the sudden e-mail.

I am sorry for this sudden message.

I apologize for contacting you suddenly.

Please forgive me for this sudden e-mail.

 

文法的にはOKですが、

実はこれら全て不自然なビジネス英語です。

 

「突然のメール失礼します」はいけないの?

 

英語が正しいかどうか以前に、

ネイティブは「突然のメール失礼します」という

コンセプトに違和感を感じているってご存知でしたか?

 

日本ではよく使う表現で、

相手を気遣った丁寧な表現ですよね!

 

でもネイティブからすると、

突然じゃないメールなんてないですよ~。

と思っているんです。

 

確かに、

今からメール送りますよ。

メール送りますからね。

と事前報告をしてから本題のメールを

送る人はいませんよね。

 

そういった意味で全てのメールは突然くるものだ

という感覚をネイティブの方は持っています。

 

なので先ほど紹介した英文例は全て忘れてください。

 

× I am sorry for the sudden e-mail.

× I am sorry for this sudden message.

× I apologize for contacting you suddenly.

× Please forgive me for this sudden e-mail.

 

そもそも「突然のメール失礼します」とは

英語メールで書く必要がないということを

覚えておきましょう。

 

「突然のメール失礼します」に代わる表現はあるの?

 

でも日本人である私達からすると

 

突然なのに・・・謝らなくていいの?

失礼にならないの?

相手を嫌な気持ちにさせてしまったらどうしよう!

 

と不安になりますよね。

 

でも大丈夫です!

 

「突然」であることを気にするネイティブは

あまりいませんし、逆に突然であることを

謝るのは不自然です。

 

だからと言って・・・急に

 

Hi Mr. Robertson,

 

Would it possible to ask you to~?

 

とお願いから飛び込んでしまったら、

さすがに相手も驚いてしまうかもしれません。

 

謝る必要はありませんが、

はじめにしっかりと用件を伝えることを心がけましょう。

下記のような英語がよく使われます。

 

I am writing this e-mail to ~

I am writing this e-mail in regards to~

I am writing in reference to~

I am writing to inform you that~

This is to inform you that ~

 

このような表現を使い

簡潔に用件を説明し本題に入るといいですね!

英語メールでは丁寧さ以上に簡潔さが求められます。

必要のない情報は省き、簡潔に分かりやすくメールを

構成することを意識しましょう。

 

一度もメールをしたことのない相手にメールをするのであれば、

例えばどこで相手を知ったのかを伝えるのもいいですね!

 

例)I am writing this after reading about your service on XYZ website.

 

このような説明があれば突然のメールでも

「一体あなたは誰ですか?」と思われずに

スムーズに受け入れてもらうことができます。

 

英語では、I am sorry for the sudden e-mail.などの

謝罪に代わりにこのような用件の説明などを

メールのはじめにもってくると自然で効果的です。

 

仕事で英語メールを書くことがある方は

是非覚えておいてくださいね!

こんな一文にも文化の違いが表れるので

言語の違いってとっても面白いですよね。

 

I hope you have a wonderful week everyone!

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

人生の半分以上をアメリカで過ごし、アメリカの大学では言語学のアシスタントとして活躍されたり ネパールでも英語の講師をされていた経験があり、国際経験豊かな先生です。

人見知りしない性格で、誰とでも仲良くなる性格とホスピタリティーは英語指導にも表れています。生徒様から人気で、お客様満足度評価も高い先生です。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (15 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分以上をアメリカで過ごし、アメリカの大学では言語学のアシスタントとして活躍されたり ネパールでも英語の講師をされていた経験があり、国際経験豊かな先生です。 人見知りしない性格で、誰とでも仲良くなる性格とホスピタリティーは英語指導にも表れています。生徒様から人気で、お客様満足度評価も高い先生です。