「よい一日を!」は Have a good one! を使おう!

こんにちは、Tamamiです。

今回はカナダで生活している中でよく使うフレーズについて語りたいと思います。

日本の中学校や高校では「良い一日を!」という典型的なフレーズとして

Have a nice day!

というフレーズを繰り返し教わってきたのではないかと思います。

私も今までやはりこの言い方ばかり使っていたのですが、カナダに来て実はもっと頻繁に使う同じようなフレーズがあることを知りました。

カナダでもエレベーターで見知らぬ人と乗り合わせると先に降りる方が「良い一日を!」と言って去ることがあります。また、お店のスタッフと雑談した後やお会計の後にも「良い一日を!」と言うことが多いです。「良い一日を!」は、とても使用頻度の高い便利なフレーズなのですが、カナダの西海岸エリアではHave a nice day!よりも、

 

Have a good one!

 

ということの方が圧倒的に多いです。

私はこれを聞いた時、耳を疑いました。

「oneって何?dayじゃないの?」って感じでした。

周りの人々に聞いてみましたが、oneには特段意味はなさそうです。

昼にも、夜にも、「よい週末を!」の代わりにも使えるより便利な「よい1日を!」といったところでしょうか。これはアメリカやニュージーランドでも使うフレーズのようです。

実際、あと数時間で1日が終わってしまう夜にHave a nice day!とは言いにくいですが、Have a good one!ならば場に合っていて自然です。調べてみると、フレンドリーな表現とのコメントが多いようですが、今いるカナダ西海岸地域では赤の他人同士でもよく使います。

言われた時の返し方は、Thanks, you too!や、Thank you. You too! などのようです。

Have a nice day! でもよいですが、使いすぎていると思った時には、

Have a good one!

あなたも是非、使ってみてくださいね。

大学卒業後、英国の大学院で修士号を取得し、海外就職へ。これまでアジア、ヨーロッパ、アフリカ、北米のさまざまな国々を訪問したことがある。海外経験が長く英語力の高い丁寧な指導が人気。
座右の銘は「人間は努力する限り迷うものだ」。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (20 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、英国の大学院で修士号を取得し、海外就職へ。これまでアジア、ヨーロッパ、アフリカ、北米のさまざまな国々を訪問したことがある。海外経験が長く英語力の高い丁寧な指導が人気。 座右の銘は「人間は努力する限り迷うものだ」。