【もう迷わない!】surprisingとsurprisedの違いは?

よくある形容詞の間違い

こんにちは、講師のエリカです。

今回は、よく見かける形容詞の間違いについてお話したいと思います。

よくある形容詞の間違いについて

早速ですが、練習問題をから始めましょう。

A. surprisingとB. surprisedはどう違いますか?それぞれ①と②の空欄に入れてみてください。

① It was a ____ question.

② I was ____ to see him there.

 

いかがでしょうか?正解は①A、②Bですね。なぜなら、①では「物、事」(質問)、②では「人」(私)について述べているからです。

①「それは驚くような質問だった。」

②「そこで彼を見て驚いた。」

 

動詞surpriseは「驚かす」という意味なのですが、surprised、surprisingはそれを形容詞化した表現になります。ing形は「驚かす」のようなアクティブな意味になります。一方、過去分詞surprisedは受動態的な「驚かされる」という意味になります。

①ではquestionが人を驚かすため、ing形を使います。これに対し、②ではIがhimによって驚かされるので、過去分詞を形容詞化したsurprisedを使います。

お解かりいただけましたでしょうか?

 

このルールはinteresting、interestedにもそのまま当てはまります。動詞interestは「興味を引く」という意味なので、形容詞interestingは「興味を引く、面白い」という意味になり、interestedは「興味を引かれる」、つまり「興味がある」という意味になります。

例)This movie is interesting.「この映画は面白い。(この映画は人の興味を引く。)」

例)I am interested in this movie.「私はこの映画に興味がある。(私はこの映画に興味を引かれる。)」

 

では、terrifying、terrifiedはどうでしょうか?動詞terrifyは「怖がらせる」という意味です。やってみましょう!

③ This book is ____. 「この本はすごく怖い。」

④ I am ____ of this book. 「私はこの本がとても怖い。」

 

正解は③terrifying、④terrifiedですね。③ではbookが人を怖がらせるのに対し、④ではIがbookによって怖がらされている、と考えるのが自然です。

 

逆に、

This book is terrified.

と書いてしまうと、「この本は何かに怯えている。」のような印象になってしまいます。本が可哀想ですが、デタラメな英語になってしまいますね!

 

大体の原理を掴んでいただけましたでしょうか?他にもdepressing/depressed, puzzling/puzzled, perplexing/perplexed, relaxing/relaxedなど、本当にいろんな形容詞に当てはまりますので、ぜひ押さえましょう!

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (5 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

1 個のコメント

  • コメントする

    コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

    CAPTCHA