お寿司?それともsushi?

こんにちは、寒くなってきたのでポンチョを探しているTamamiです。

初投稿の今回は海外の寿司についてです。

カナダではアジア系の移民がたくさんいるためか、寿司をメニューの一部としているレストランや寿司屋が多いです。そして、寿司が好きな人もたくさんいます。

カナダに住む人びとが想像している寿司は日本のそれとは少し異なるようです。

カナダ人は、sushi(日本人が考える寿司と対比してアルファベットにしてみました)といえばカリフォルニアロールのような巻き寿司をまず想像する人が全体的に多い気がします。

日本人が想像するあのシンプルな握り寿司をすぐに思い浮かべる人は少数派でしょう。

レストランなどで出されている巻き寿司の種類は豊富で、マヨネーズやお好み焼きソースのような濃厚なソースが付いたようなこてこてしたものが人気です。現地の人たちはこうした味の濃いソースに加え、さらに醤油などをつけてから食べます。塩分の取り過ぎにならないかと心配しながらも、確かに味は美味しいので箸が進みます。

親戚や友人などから、“Do you eat this kind of sushi often in Japan?”(日本でもこういうsushiをよく食べるの?)と質問されることがありますが、「こういうスタイルもあるけど、日本では寿司といったら握り寿司だよ」と答えると驚かれることがあります。

実際、華やかで味の濃い巻き寿司に慣れてしまったローカルの人びとにとっては、日本で食べるシンプルな握り寿司に感動しない人もいるようです。

日本の中でも魚介類がおいしい地域で育った私にとって、世界には魚そのものの味を楽しむことができない人たちがいるということは海外に出てから知りました。そういう人に対し「あなたの舌が濃い味付けに慣れてしまったために繊細さを失ったんだよ。シンプルな握り寿司も、あまり醤油をつけなくても美味しいんだよ!」と皮肉を込めて言うこともあります(笑)。

けれども最近は、いろいろな価値観があるのは当たり前のことなのでその場その場で提供される寿司を楽しく食べよう!と割り切って考えられるようになりました。そのように考えると味の濃いソースがかかったカナダの巻き寿司が美味しく食べられるようになります。

あなたは日本の寿司派ですか?それとも海外のsushiもイケますか?

 

 

大学卒業後、英国の大学院で修士号を取得し、海外就職へ。これまでアジア、ヨーロッパ、アフリカ、北米のさまざまな国々を訪問したことがある。海外経験が長く英語力の高い丁寧な指導が人気。
座右の銘は「人間は努力する限り迷うものだ」。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (5 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後、英国の大学院で修士号を取得し、海外就職へ。これまでアジア、ヨーロッパ、アフリカ、北米のさまざまな国々を訪問したことがある。海外経験が長く英語力の高い丁寧な指導が人気。 座右の銘は「人間は努力する限り迷うものだ」。