英語と米語、句読点の使い方の違い〜句読点を使うコツ!

こんにちは、さゆりです。

夫がワシントンDCのジョージタウン大学にLLM(法学部のマスターコース)取得のために留学していた際に、私も外人学外生のための英文ライティングコースを取りました。首都であるワシントンD C、その近郊にはJohn HopkinsやGeorge Washington Universityと多くの University やCollege  がありますが、ジョージタウン大学は1789年創立のカトリック系の古い大学です。また、土地柄、政治関係、通商関係のコースが充実しており、前国務長官がレクチャーしたりしています。

Punctuationの使用方法に厳しいアメリカ

ライティングコースはとても勉強になったのですが、一つ気付いたのは、アメリカはイギリスやオーストラリアに比べ、かなりpunctuationの使用方法に厳しいことです。

オーストラリアの学校だと(もちろん学校にもよりますが)、特に小学生の間はそれほどPunctuation にうるさく言いません。まず、書くことの楽しみを学ぶ方が大切という趣旨からです。

それに反してアメリカの場合は、小学生の頃からpunctuationをかなりうるさく言います。

 

例えば小学生の娘が

Mr Smith

 

と書いたとすると、Mr. のピリオドが抜けているということで減点されます。

 

ところが、英国や豪州では、Mr, Mrs のピリオドを省略するのが普通です。

 

余談ですが、娘が英国式のスペリングを訂正されて、減点されて帰ってきた時は笑ってしまいました。

先生が英国式を知らなかったのか、それともアメリカの小学校では、厳密にアメリカ式しか許されないのかは、怖くて聞けませんでした。娘は憤慨していましたが、アメリカにいる間は、アメリカ式を使いなさいということで終わりました。日本でもアメリカ式のスペリングを教えるのですが、ヨーロッパ、カナダ(発音は米式ですけど)、南ア、インドを含み南アジア、豪州はイギリス式だと考えると、ちょっとおかしいとは思いますが。因みに中国はどうなのでしょう?

アメリカと英国圏、句読点の付け方の違い

また、アメリカでは、副詞(句)を文頭に持ってきた時は、カンマを付けるように教わります。

 

Consequently, I had to give up the idea.

After all, things ended up where they started.

 

というようにです。ところが、英国や豪州(カナダもそうかはちょっとわかりませんが)では、読みにくいということで頻繁なカンマの使用を敬遠する傾向にあります。

 

Consequently I had to give up the idea.

After all things ended up where they started.

 

 

分詞構文を使用する際にも、旧大英帝国圏では省略する傾向にあるようです。米国だと、

 

Going straight along this road, you can find the bank on the right hand side.

 

必ずカンマを求められますが、英帝国圏では下記のように省略するのが一般的です。

 

Going straight along this road you can find the bank on the right hand side.

 

 

ただ、両国の書き方に共通するのは、補語名詞を入れる前後のカンマ、引用句を入れる前のカンマ、引用句をダブルクォーテーションマーク(””)で括ることですね。

 

I said to him, “I need totake my dog, Minky, to the vet for annual vaccination”.

 

英国圏の場合、

 

I said to him, “I need to take my dog, Minky to the vet for annual vaccination”.

 

とすることもあります。

 

また、法律的な文章や論文以外には実際の文章にはほとんど使われない;(セミコロン)や:(コロン)ですが、下記の例文のように語句をリストする時にはカンマを多用しないで済むので便利です。基本的に;(セミコロン)は、カンマより若干強めの切り方ができますね。

 

The speakers were: Dr Sally Meadows, Biology; Dr Fred Eliot, Animal Welfare; Ms Gerri Taylor, Sociology; and Prof. Julie Briggs, Chemistry.

 

 

また、句読点とは別ですが、生徒さんからの課題で良く見かけるのは、ピリオド、カンマの後にスペースが抜けていることです。これは、とてもテクニカルな部分なのですが、文章が見にくくなり、割と嫌がられるので気をつけるようにしてくださいね。

【希望者限定・在庫わずか!】初めての出会いに感謝!

送料550円のみで、通常3,850円のこの1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

英文添削サービスで指導実績日本No.1のフルーツフルイングリッシュがお届けする、日本人が最も間違えている英文法ワーストNo.1文法テーマをこれ1冊で克服!

失笑されない英語力を身につけるために、まずはここから始めてください。
出会いに感謝してタダでプレゼント!(ただし送料だけご負担ください)

今すぐプレゼントをもらう!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (15 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在、オーストラリアのメルボルンに在住です。 日本を1991年に離れ、オーストリア、アメリカなどに居を構えました。20年近く、外資系金融機関で、リサーチ、営業に携わってきたので、専門は、金融/経済/会計ですが、現在は幅広く翻訳の仕事をしています。