【使える英語!】「濃厚な」って英語で何て言う?食べ物の「味」「食感」を表現する英語

味・食感の英語表現

こんにちは、Paigeです。

皆さんは「このケーキ濃厚だね」と言いたい時、英語でどう表現しますか?

食べ物の感想は日常会話でも頻繁に使うので、関連した英単語は是非覚えておきたいですよね。

そこで今回は、食べ物の「味(taste)」と「食感(texture)」を表現する英語の形容詞をご紹介していきたいと思います!

 

「味(taste)」と「食感(texture)」を表現する英語の形容詞

 

・甘ったるい:Sugary

「sugary」は単に甘いだけでなく、砂糖がたくさん入った「甘ったるい」というニュアンスでよく使われます。「甘すぎる」は「too sweet」と言えますが、「sugary」も同様に使うことができます。

 

(例)I baked some cookies yesterday but there were sugary.

「昨日クッキーを焼いたんだけど、甘ったるくなっちゃったの。」

 

・塩味の:Savoury

「savoury」は、塩っぽい味全般を指して使える形容詞です。「何か甘くないお菓子が食べたい」のように、「sweet」と対比して使われます。

 

(例)I don’t like pineapples in savoury dishes.

「私パイナップルを甘くない料理に入れるの好きじゃないんだよね。」

 

・濃厚な:Rich

クリームやバター、チーズなどで「濃厚な」味は、英語で「rich」と表現することができます。

 

(例)You can buy the best cheesecake at ABC Bakery. It’s so rich and addictive.

「ABCベーカリーで最高のチーズケーキが買えるよ。すごく濃厚で病みつきになるの。」

 

・辛い:Hot

「辛い」と聞くと、「spicy」が思い浮かぶのではないでしょうか?料理に対して「hot」を使うと同じく「辛い」という意味になります。しかしこの「hot」は状況によっては「熱い」という意味にも取れるので、はっきりさせたい時はよく「spicy-hot」または「temperature-hot」と言います。

 

(例)This ramen is really hot. I mean spicy-hot.

「このラーメン本当に”hot”だよ。あ、辛いって意味ね。」

 

・油っこい:Greasy

油が目で見えるくらいにギトギトな食べ物は、「greasy」と表現します。代わりに「oily」とも言えますが、「greasy」の方がネガティブな意味合いが強いイメージです。

 

(例)You should cut down on greasy food. It’s not good for your health.

「油っこいものは控えた方がいいよ。体に良くないし。」

 

・バリバリした:Crunchy

噛むとボリボリと大きな音がするような、荒い食感の食べ物を「crunchy」と言います。グラノーラやナッツの入ったクッキーなどをイメージするとわかりやすいかと思います!

 

(例)When buying peanut butter, I usually go for crunchy.

「ピーナッツバターを買う時は、たいていクランチを選んでいるかな。」

 

・パリパリした:Crispy

ポテトチップスなどの、薄めで食べた時にパリッと音がするような食感を「crispy」と言います。「crunchy」よりも、サクッとした軽い食感を表現する形容詞です。

 

(例)I prefer thin and crispy pizza.

「私薄くてパリッとしたピザの方が好みなの。」

 

・弾力のある:Chewy

「chewy」はグミやビーフジャーキーなど、噛み応えのある食感を表現するのに使われます。

 

(例)This caramel-stuffed cookie is very chewy.

「このカラメル入りクッキーすごく噛み応えがあるね。」

 

・ねっとりした:Gooey

柔らかくしっとりとした粘り気のある状態を「gooey」と言い、よくチョコレートやキャラメルのベタベタとしたお菓子に対して使われます。

 

(例)My mon’s brownies are gooey and delicious.

「お母さんが作ってくれるブラウニーは、ねっとりして美味しいんだよね。」

 

・ふにゃふにゃした:Soggy

「soggy」は、伸びた麺やミルクで柔らかくなったシリアルなど、「ふにゃふにゃした」食感を表す英単語です。

 

(例)How long did you cook the pasta? It’s a bit soggy.

「パスタどれだけ茹でたの?(麺が)ちょっと柔らかいよ。」

 

・ふわふわした:Fluffy

動物やぬいぐるみが毛で覆われて「ふわふわした」という意味の「fluffy」ですが、ケーキやオムレツなどの食べ物に対しても使うことができます。

 

(例)Have you tried Japanese pancakes? They are incredibly fluffy.

「日本のパンケーキ食べたことある?びっくりするくらいふわふわなんだよ。」

 

いかがでしたか?

皆さんも、これらの食べ物の「味」や「食感」を表現する英単語を是非使ってみてください!

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (13 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在カナダの大学院で国際開発学を研究しています、Paige(ペイジ)です。 海外旅行が好きで、トロントにて留学・就労経験があります。日本では海外向けサービスを提供する企業で勤務しておりました。 英語学習や日常会話からビジネス英語まで、幅広くお伝えしていきたいです!