【3分で役立つ医療英語!】風邪様症状の伝え方 第二弾

【3分で役立つ医療英語!】風邪様症状の表しかた

みなさん、こんにちは!インストラクターのNaokoです。

前回は風邪様症状の表現方法についてお伝えしました。*前回の記事はこちらからどうぞ!

今回はその続きです。

風邪様症状、I have~、I feel~以外の英語表現

前回、症状を表す際には、多くの場合、

I have(  ).
または
I feel(  ).

を使って表すことが出来るという話をしました。

症状によって、I haveを使うものとI feelを使うものがありますが、中にはI have, I feelのどちらを使っても良いものもあります。
例えば「寒気」chillは、どちらを使っても大丈夫です。

I have a chill/the chills.
I feel chilly.

また、下記についてはI have, I feelとは違う言い方をした方が自然です。

●くしゃみ

I sneeze a lot. 「くしゃみがよく出ます。」
つまりここではsneezeを動詞として使っています。

I can’t stop sneezing. 「くしゃみが止まりません。」

●嘔吐

I feel nauseous. 「吐き気がする。」
すぐにでも吐きそう、という場合は、I feel like I’m going to throw up.と言いましょう。be going toを使うと切迫感が伝わります。

 

味覚障害、嗅覚障害を英語で

風邪様症状に関連して、症状の似ているコロナの初期症状についても話しておきますね。

コロナの初期症状として特徴的なものに味覚障害、嗅覚障害がありますが、こちらは表現方法が幾つかあります。
覚えやすいのは、loss of taste, loss of smellでしょう。

ただし、「味覚障害があります」「嗅覚障害があります」と文章で伝えるときは、こういった名詞句を使うよりは、tasteとsmellを動詞として使って

I can’t taste anything.
I can’t smell anything.

と表現するのが簡単だし自然だと思います。

 

今日のポイント

風邪様症状を伝えるのに、I have~、I feel~以外にもあります。
I have、I feelの両方を使えるもの、全く違う表現を使うものがありますので、併せて押さえておきましょう。

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (2 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

海外で暮らし始めた時はほとんど英語を話せませんでしたが、最初の3ヶ月間、朝起きてから寝るまで(家族が言うには夜も英語で寝言を言うくらい)どっぷりと英語に浸かって勉強しまくり、英語力の基礎を培った講師です。 座右の銘は「All you need is love. But a little chocolate now and then doesn't hurt.(Charles M. Schulz)」