【3分でつかむリーディングのコツ】チャンクで意味を捉えよう

【3分でつかむリーディングのコツ】英語を読む速さ「WPM」とは?

みなさん、こんにちは!インストラクターのNaokoです。

今回も、英語技能4本柱(読む・書く・話す・聞く)のうち、「読む」という技能について書いていきます。

前回は、速く読めるようになるには、
「基礎的な文法理解」と
「ある程度の語彙」が必要だという話をしました。

今回も、速く読めるようになるための、
その他のコツについてお話します。

チャンキング

「チャンキング」という言葉をご存じでしょうか?
「チャンク」とは英語でchunk、「大きなかたまり」という意味で、
通常チーズやパンや肉片などのかたまりを言います。

言葉で言えば「大まかな意味のかたまり」ということであり、
「チャンキング」とは、意味のかたまり毎に
文を区切ること、区切りながら意味を捉えることを言います。

たとえば、下記の文章をチャンキングしてみましょう。
意味のかたまりだと思う切れ目に、スラッシュを入れてみてください。

The internet allows us to talk to people all over the world.

チャンキングには絶対的な決まりはありません。
慣れないうちは細かい意味のかたまりで捉え、
慣れるに従ってそのかたまりを大きくしていくことに
なると思います。

一例として、下記のようにスラッシュを入れることが出来ます。

The internet allows us / to talk to people / all over the world.
インターネットは可能にします(わたし達に)/人々と話すことを/世界中の

きちんとした日本語文に整えて理解する必要はありません。
むしろ、しないでください。

単語毎にではなく、こういった意味のかたまり=チャンク毎に
前から後ろに向かって、書かれていることの内容を理解しながら
読み進めるのが、効率の良い読み方なのです。

今回のまとめ

今回は、英文を単語一つずつではなく、
チャンクという「ひとかたまり」で捉える読み方についてお話しました。
ぜひ、チャンクを意識しながら英文を読んでみてくださいね。

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (5 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

海外で暮らし始めた時はほとんど英語を話せませんでしたが、最初の3ヶ月間、朝起きてから寝るまで(家族が言うには夜も英語で寝言を言うくらい)どっぷりと英語に浸かって勉強しまくり、英語力の基礎を培った講師です。 座右の銘は「All you need is love. But a little chocolate now and then doesn't hurt.(Charles M. Schulz)」