【クイズ付き】hitを使ったイディオム

Hello, Morganです。

私は、結構運転が好きです。
日本でもアメリカでも田舎なので、車は私の日常生活には欠かせない乗り物です。

日本にある車の1台はハイブリッド車なんですが、不思議なことに私が運転すると燃費スコアがどんどん下がります。
妻は常にハイスコアを目指しているので、私がこの前、68点を出したときは、めちゃ機嫌悪かったです。
「ハイブリッドの意味ないやん!」って。

しょうがないですよね…。
どうも私とハイブリッド車は息が合わないみたいです。

ということで、今日は出かけるぞ!というときにピッタリなイディオムのご紹介です。

 

英語で「さぁ、出かけるぞ!」というフレーズ!

 

“Let’s hit the road!”
さぁ、出かけようぜ!

hit the roadで、「道路を叩く」なのですが、言わんとすることは伝わるのではないでしょうか?
hit は、「打つ」が元の意味ですが、hit the road で、「出発する、旅に出る」という意味になります。
車で…と限定する必要はないのですが、個人的には、車で出かける時に使っている気がします。

でも、英語のイディオムでは、他にもhitするものが、結構あります。

 

クイズ!叩きまくり!hitを使ったイディオム〜!

  1. Hit the books!
  2. Hit the sack!
  3. Hit the roof!
  4. Hit the nail on the head!

どうでしょう?叩きまくりでしょう?
いや、文末のびっくりマークに特に意味はないのですが、それぞれのイディオムの意味はご存知でしょうか?

それではクイズの答えを発表します。

  1. Hit the books               勉強する
  2. Hit the sack                 寝る
  3. Hit the roof                  激怒する
  4. Hit the nail on the head  核心をつく

hit the booksというと、ちょっと冗談めいた感じもするので、ちょっと明るいトーンで言うイメージです。
roofは屋根で、わかりにくいかもしれませんが、怒りがドーンとroofまで上がって屋根にあたるイメージですかね?

いかがでしたか?

是非活用してみてくださいね。

 

あなたは「英語らしく」英語を書けていますか?

「日本人っぽい英文」「意味は伝わる。」
こんなことを耳にしたことはありませんか?

英語らしい英語を書くことに必要なものってなんでしょう?
もっと単語を覚える?もっと文法を勉強する?

いいえ、最も大切なことは、英語を英語足らしめている文章の基本ルールなのです。

この1冊で、英文ライティングのたった1つのルールを身に付け、自分の考えを「英語の伝え方」に仕立て直すことができます。

今すぐ確認する

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (5 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Hello! アメリカ出身のMorganです。もうかれこれ日本に15年程住んでいます。 アメリカにも子どもたちを連れてよく里帰りするので、子どもを通して気がついたこと、日本とアメリカの違い、日本のここがいいな〜、アメリカのこういうところが懐かしいな〜ということを中心にブログに綴っていきます。