【3分で英語学習:英文法】現在形の真髄を理解しよう!

【3分で英語学習:英文法】現在形の真髄を理解しよう!

皆さん、こんにちは!

英語を学ぶ上で、「時制」について考えることはとても重要なことです。

英語をアウトプットする際に、現在の話なのか、過去のことなのか、未来のことなのかを判断しなければいけませんね。時制の知識は必要不可欠な知識です。

今回は、そんな時制の中でも、特に「現在」に焦点を当ててご説明していきたいと思います。

 

「現在形」、その本質とは?

英語で「現在」の話をするとき、もちろん動詞は「現在形」を使いますが、みなさんは現在形の本質を理解しておりますでしょうか。「現在形」は単に「現在のことだけ」を意味するのではなく、実はその意味には広がりがあるのです。では「現在形」について、その本質をお伝えしていきましょう。

そもそも「現在形」とは、

I play soccer with my friends in the park today.(私は今日公園で友達とサッカーをする)

He studies English in his room today.(彼は今日、自分の部屋で英語を勉強する)

の、playやstudiesのように、現在の事柄を述べるときには動詞の現在形を用います。これは英語学習者であれば誰でも当たり前のように知っている知識ですね。

ですが、この「現在形」にはもっと奥が深い意味合いがあるのです。

それは

 

「現在」のことだけに留まらず、実は「過去からずっとこれからも」というニュアンスも含む

ということです。

これはどういうことかというと、例文を見ながらご説明していきましょう。

 

「現在形」が含むニュアンス、「過去からずっとこれからも」を例文でみてみましょう!

① I teach a lot of children English.

② He gets up at six every morning.

➂ The earth always moves around the sun.

①~③の英文の動詞はどれも現在形が用いられています。これは単に「現在のことを述べているから」というわけではなく、「過去からずっとこれからも」というニュアンスを含んでいるのです。参考書的には「不変の真理」などと説明されているかもしれませんが、つまりは「過去からずっとこれからも」ということ。

①の例文だと、「昔からずっと子どもたちに英語を教えているし、これからも教えていくつもり」だということを示し、おそらく「I=英語の先生」だということが推測できるのです。

また、②の例文も、単に「毎朝6時に起きます」という現在の意味に留まらず、「昔から朝は6時に起きているし、これからも6時に起きるつもりだ」ということを示しています。つまり「習慣」を表すことになり、彼は毎朝6時に起きることが習慣化されているのだとわかるのです。

さらに➂も現在形が使われていることから、「昔から地球は太陽の周りを公転しているし、これからもおそらくそうだろう」ということを示すのです。これを「不変の真理」などと難しい表現で呼ばれてしまいますが、平たく言うと「過去からずっとこれからも」ということ。

 

つまり「現在形」を使うときは、「昔からずっと続けていて、これからも続けていくこと」を指すのです。

 

「現在」のことだけについて説明しているわけではないということを理解しておきましょう。

 

ちなみに、会話の中で

What do you do?

と言われたら、みなさんはどう解釈していますでしょうか。またどのように答えるでしょうか。単に「あなたは何をする?」ときかれているのでしょうか。これも動詞に着目すると話者の意図がわかります。

こちらも同様、doという「現在形」が使われているということは「過去からずっとこれからも」というニュアンスを含むということ。

つまり

「あなたは、過去からずっとこれからも何をしますか?=あなたのお仕事は何ですか?」という意味になるのです。

「昔からずっとしていること、続けていること」とはつまり「仕事」ということですね。ですので、返答としては

I’m a university student.

I’m an English teacher.

などと、職業や立場を踏まえるようにしましょう。時制をしっかり理解することで適切に応答することができるのです。

 

いかがでしたか?

時制の基本となる「現在形」、しっかり復習してくださいね。

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

国際系の大学を卒業後、オーストラリア留学、某国産自動車ディーラー営業職、子ども英会話教室マネージャー、公立中学校の特別学級の担任、都内にある某有名出版社の英文添削者(主に国公立難関校志望の生徒さんを担当)を経験。さらに中学・高校の英語の教員免許取得、英検準一級合格、TOEIC730(2020年1月受験結果)、メンタル心理カウンセラーの資格を活かし、10年以上英語担当の塾講師として全国の学習者の指導に当たっている。また不定期にセミナー講師(心理学を応用した英語学習や自己啓発、スピリチュアル関連)も務めている。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (3 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

国際系の大学を卒業後、オーストラリア留学、某国産自動車ディーラー営業職、子ども英会話教室マネージャー、公立中学校の特別学級の担任、都内にある某有名出版社の英文添削者(主に国公立難関校志望の生徒さんを担当)を経験。さらに中学・高校の英語の教員免許取得、英検準一級合格、TOEIC730(2020年1月受験結果)、メンタル心理カウンセラーの資格を活かし、10年以上英語担当の塾講師として全国の学習者の指導に当たっている。また不定期にセミナー講師(心理学を応用した英語学習や自己啓発、スピリチュアル関連)も務めている。

【3分で英語学習】間違ってない?Me Myself and I

【3分で英語学習】間違ってない?Me Myself and I

Hi everyone,

This time I thought we could touch on the differences between me, myself and I even though they all refer to the same thing – you!

These words often get mixed up, so here are some simple differences between them.

I AND ME

is the subject – the person who carries out the action in the sentence.

– I passed Simon the sugar.

Me is the object – the person who receives the action in the sentence.

-Simon passed me the sugar.
OR: Simon passed the sugar to me. 

A lot of people get mixed up when there are a few subjects or objects in the sentence, but it is still the same principle:
-Ryan and I saw David at the shop.

Ryan is the subject
I am the subject
David is the object

-Simon called Ryan and me.
Simon is the subject
Ryan is the object
me is the object

MYSELF

The word myself is used in two ways:

1. As a reflexive pronoun – when “I” is the subject AND the object

-I bought myself a coffee.
(This means paid for MY own coffee)

-I burned myself when I was cooking.

 

2. For accentuatation – when you want to accentuate the “I”

-I wrote this book myself!
(I want to stress that I wrote it, and not someone else) 

-I realize Simon was driving as I saw him go down the street myself.
(I saw Simon driving with my own eyes)

-Give me the spoon – I’ll make the coffee myself.
(I’ll make the coffee personally)

 

BY MYSELF

By myself signifies you are alone:

-I went out to dinner by myself.

 

I hope this has helped you see the differences between these very similar pronouns a little bit!

See you next time!

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

長く日英翻訳に携わっており、どうすれば英語として自然かをうまく説明できる人気の講師!間違うことを恐れず、まずは書くことが大切であるというのをポリシーにしています。
座右の銘は「Never be afraid to always try new things and places, and enjoy life to its fullest.」

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (5 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。