【2分で分かる!】deserveとbe worthの違い

こんにちは。講師のエリカです。

 

deservebe worthという英語を使ったことはありますか?日本語ではどちらも「~に値する」と訳すことができますが、英語では少し使い方が違うときもあります。

まず、両方使えるパターンを見てみましょう。

① This movie is worth watching.〇

② This movie deserves to be watched.〇

「この映画は見る価値がある。」

映画を勧めているときに使えそうな表現ですね。この場合は、①のほうがよく使われていると感じますが、どちらを使っても構いません。

ただ、使うときには注意が必要です。感覚的には、①の場合は、単なるそのひとの主観としておすすめするよ、という意味で幅広く使えます。ですが、②deserveを使う場合は、何か一般的に有益な情報などをもたらすという意味で使われます。

 

deserveの使い方

では、次の例文を見てみましょう。

③ He deserves a medal.〇

④ He is worth a medal.×

「彼はメダルに値する。(=表彰ものだ。)」

何かの「報い」として何かに値するときは、deserveを使うのが一般的です。このため、人間が主語の場合はbe worthよりもdeserveを使う頻度が高いといえます。この場合も、が自然です。

人間が主語の場合は、He is worth listening to.(彼{の話}は聞く価値がある。)という様に、その人のスピーチなどが聞く価値があるときに使います。

 

be worthの使い方

では、こちらの例文はいかがでしょうか。

⑤ This painting is worth 50,000 dollars.〇

⑥ This painting deserves 50,000 dollars.×

「この絵は5万ドルの価値がある。」

この場合、自然な言い方はです。貨幣価値について述べる場合はbe worthを使うのが一般的です。deserveを使ってしまうと、何かの報酬として絵に5万ドルを与える印象になってしまうので、違和感があります。

 

P.S. 特にdeserveはよく出てくる英語の割りには訳しにくい英語として有名なので、日本語に訳すときは工夫が必要なときもあります。「~に値する」以外の翻訳もいろいろ考えてみましょう。

例)You deserved it.

「自業自得だ。」

 

いかがでしたか?

deservebe worth、使い分けできるよう覚えてくださいね。

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (11 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語能力試験最難関のN1取得。幼い頃から日本文化に興味を持ち、日本語も日本人と見分けがつかないほど流ちょうに使いこなせるN1講師。座右の銘は「Challenge yourself!」