【英語学習のコツ】 Let’s pay attention to 語源!ー自問自答Q&A

【英語学習のコツ】 Let’s pay attention to 語源!ー自問自答Q&A

みなさん、こんにちは、Kenです。

今日も、僕がここ最近気になった語源を調べてみた、を紹介します。自分で質問して自分で答えるQ&Aです。

 

touch「触れる」とattach「つける」の語源は同じ?

 

【Q: touch「触れる」とattach「つける」には「タッチ」という音が入っています。スペルは違うけど音も意味も似ています。何か繋がりがありますか?】

【A: あまりなさそうです・・・】

 

スペルは違うけど音も意味も似ていて関係ありそうなのってわりとありますよね。

 

touchは、古フランス語のtochier(現代英語でいうtouch, hit, knock)などに起源を持つ言葉のようです。

 

一方、attachは、古フランス語のatachier(現代英語でいうfasten, arrest)に起源を持ち、同じ仲間の言葉としてはdetach「離す」などもあります。

 

tochierもatachierも、どちらも語尾が -chierなので何か関係はありそうだけど、それにしても直接的ではなさそうでした。

 

やはり、touchとattach、ouとa のように表記が異なると、音は似ていてもあまり繋がりはないのですね。

語源を考えるときって「変遷のうちにこのくらい表記は変わっちゃうから気にしない」場合と、今回のように「表記が異なるから別物と思ったほうがいい」があり、そのあたりが今後の勉強課題です。

 

Androidの語源は?

 

【Q: Androidの語源は?】

【A: 「人間っぽいの」です。】

 

そもそもあまり英語っぽくない言葉だなあと思っていました。他にも「アンドロ〜」という言葉や「〜イド」という言葉は見かけるのできっと語源的に分解できるはずだ!と思い調べてみました。

 

androの部分はギリシャ語で manを表します。

そして -oidの部分は(「〜イド」という区切りではない)「〜のような」「〜みたいな」「〜様の」を表すとのこと。

 

そのまま「人間みたいな」ということですね。(man=人間なのはポリティカル・コレクトネス的にはふさわしくないですが、言葉の歴史なのでご容赦ください)

-oidは他にはどんな言葉に見られるかと言うと

asteroid 「小惑星」→starっぽいもの

carotenoid「カロテノイド」→カロテンっぽいもの

celluloid「セルロイド」→cellulose「セルロース」っぽいもの

colloid「コロイド」→ギリシャ語のkolla「糊」+っぽいもの

があります。

 

ではandroの部分は他にはどんな言葉に見られるでしょう。

androphagous「人食の」→人+phagous「食べる」

androgen「男性ホルモン」→男+ -gen「〜を生じさせる」

 

・・・とどんどん挙げられるのですが、androを調べていて一番驚いたのが、

 

Andrew(人名)

 

も同じ仲間だということです。日本語でいうと「益荒男(ますらお)さん」みたいな感じでしょうか。そしてついでにAndrewを調べると、Andrewの愛称としてはAndy, Dandyなどがあるとのこと。そしてDandyは「かっこいい」のdandyにもつながっていくのでした。「男っぽい」ってことなのでしょうね。

 

【参考にしたサイト】

今回も、これを書くにあたって大いに参考にしたのは

Online Etymology Dictionary

https://www.etymonline.com

 

というサイトです。すべて英語のサイトですが、見始めると止まりません。

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

【10/18(月)まで限定!】大人気教材をプレゼント!

送料550円のみで、通常3,850円のこの1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

英文添削サービスで指導実績日本No.1のフルーツフルイングリッシュがお届けする、日本人が最も間違えている英文法ワーストNo.1文法テーマをこれ1冊で克服!

英語を使うならぜーーったい!避けて通れないこの1冊をまずは学んでください。
出会いに感謝してタダでプレゼント!(ただし送料だけご負担ください)

今すぐプレゼントをもらう!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (6 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

国際協力団体、翻訳・通訳会社での勤務を経て、現在はフリーランスで英語講師、翻訳、通訳に従事。予備校での講師経験や、大学や企業でのTOEIC講師担当経験も持つ。またドイツでの留学経験も活かし、ドイツ語も仕事にしています。