【2分で解る!英文法】副詞はどこに置く?

【2分で解る!英文法】副詞はどこに置く?

こんにちは、講師のエリカです。

今日は、英語学習者がよく迷うポイント、副詞を置く位置を簡単に説明させていただきます。

副詞は、happily, fast, oftenのような単語を指し、基本的に文の中で様々な場所に置くことができます。しかし、置くことのできない位置もあり、文が複雑になればなるほど、「どこに入れれば良いのだろう?」と迷ってしまうこともあります。

そこで今回は、とりあえず副詞の位置が解る簡単ルールをお教えします。

ずばり!

メインの動詞の直前に置けばほぼ外れなしと考えましょう。

 

動詞の前に置いてみよう

副詞readily(進んで、すぐに)を使った例文を見てみましょう。

例)He readily accepted the offer.

「彼はすぐに申し出を受け入れた。」

この例文では、動詞acceptの前に置くと自然でしょう。逆に、×He accepted the readily offer.という風に冠詞と名詞の間に置くことはできませんし、×He accepted readily the offer.という風に、目的語の前に置いてもやはり不自然な語順になってしまいます。

always(いつも)の場合も、やはり動詞の前に置くとスムーズな英語になります。

例)She always comes here on Sunday and orders a fruit sundae.

「彼女はいつも日曜日にここに来てフルーツパフェを注文する。」

時制が変わって、助動詞(willやhaveなど)が付いたときも、メインの動詞の前に置くのが一番自然でしょう。

例)He will readily accept the offer.

「彼はその申し出をすぐに受け入れるでしょう。」

例)He was happily reading a book.

「彼は幸せそうに本を読んでいた。」

例)She has always been a fan of this team.

「彼女はずっと前からこのチームのファンだ。」

accept、read、beの前に副詞があることがわかりますね。

 

文末もOK!

副詞はさらに文末にも置くことができます。ただし、英語にはend-focusという原理があり、一番最後に来る単語が強調される傾向があります。このため、副詞を文末に置くとその副詞が強調されている印象が出ます。

例) He was reading a book happily.

また、alwaysのような時間の副詞には一部例外があり、文末ではあまり見られない副詞がありますので注意しましょう。

△× She has been a fan of this team always.

 

いかがでしたか?

簡単ルールをおさえて、副詞の位置を迷わず使ってくださいね。

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (10 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA