timeとthe timeの違いは?【冠詞が付く時、付かない時】

timeとthe timeの違いは?【冠詞が付く時、付かない時】

Hello, everyone! 講師のエリカです。

突然ですが、不可算名詞の特徴は何でしょうか?

そうですね、具体的な物や数えることのできる物を表す可算名詞に対し、不可算名詞は物質や抽象的な概念など、数えることのできない物事を表すことが多いですね。例えば、music(音楽)やwater(水)のような名詞が不可算名詞になります。

そして、不定冠詞には「不定冠詞が付かない」「複数形にできない」という特徴もありますね。

しかし、中には不可算名詞・可算名詞のどちらにもなり得る名詞が一部存在します。

timeもその一つです。

例えば、普遍的な「時間」を表すtimeは、不可算名詞になります。不可算名詞には定冠詞がつくときもありますが、timeは普遍的な概念であるため、通常は無冠詞で使います。

 

無冠詞

例)Time is money.

は金なり。」

例)There’s no time.

「時間がない。」

このように冠詞なしで使います。一般的な用法になります。

 

不定冠詞a/an

では、timeに不定冠詞aを付けたらどうなるのでしょうか?通常、不可算名詞には不定冠詞が付きませんよね。しかし、timeの場合、形容詞などの修飾語が付くときは、a/anをつけるのが一般的です。

例)It took me a long time to get there.

「たどり着くのにかなり時間がかかった。」

例)I had a good time at the party.

「パーティーで楽しい時間を過ごした。」

”It took me long time…”、”I had good time…”は間違いになってしまいますので、必ず不定冠詞を付けてあげましょう。

 

定冠詞the

the timeという表現もたまに見かけますよね。実はこの定冠詞が付くことによって、timeの意味が少し変わるのです。どのような意味でしょうか?

例)Do you remember the time when we went to an amusement park?

「遊園地に行った(あの)ときのことを覚えていますか?」

なんと、theが付くことによって、具体的な「あのとき」のようなニュアンスが生まれたのです。

 

複数形

実は、timeは普通の可算名詞としても使います。その場合は「~回、~度」という意味になることが多いです。複数形にすることもできます。

例)I’ve been to London three times.

「ロンドンには3行ったことがある。」

さらに、「時代」という意味で複数形で使うこともあります。この場合は定冠詞theが付くことが多いです。

例)The times are changing.

時代が変わってきている。」

例)Get with the times!

時代に乗り遅れるな!」

このように非常なフレキシブルなtimeなのですが、適宜冠詞をつけることによって上手く使い分けましょう!

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (19 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語能力試験最難関のN1取得。幼い頃から日本文化に興味を持ち、日本語も日本人と見分けがつかないほど流ちょうに使いこなせるN1講師。座右の銘は「Challenge yourself!」