「まだ」はyet?still?【すぐ分かる区別方法!】

「まだ」はyet?still?【すぐ分かる区別方法!】

こんにちは、講師のエリカです。

 

あなたは、yetstillで迷ったことがありますか?

日本語ではどちらも「まだ」になりますので、間違え易い英語の一つとして知られています。(余談ですが、yetとstillと表す単語が同じなのは、日本語だけではありません。実はフィンランド語もそうなのです!)

そこで、今回はこの二つの単語でお悩みの方に、yetstillの簡単な区別方法をご紹介したいと思います!

 

ずばり!stillは「ずっと続いている状態」、yetは「まだ始まってもいない状態」を表します。

 

yetには「始まっていない」というネガティブなニュアンスが含まれているため、よくnot yetという否定の形で使われます。ちょっと例文を見てみましょう。

例)“Did you brush your teeth?” “Not yet.”

「歯を磨いた?」「まだ(磨いていない)。」

ここでは、歯磨きがまだ始まってもいないので、yetが使われています。

 

では、同じような場面でstillを使った例文を見てみましょう。

例)“Are you still brushing your teeth?” “I’ll be done soon.”

「まだ歯を磨いているの?」「もうすぐ終わるよ。」

こちらでは、「歯を磨いている状態」がずっと続いているので、stillが使われているのですね。

 

ちょっと別の例文を見てみましょう。英語ネイティブはよく次のような表現を使います。

“Are we there yet?”

日本語では「着いた?」という意味になるのですが、より直接的に訳すと、「(到着は)まだなの?」という感じになります。(このthereは目的地を指しています。)

逆に“Are we still there?”にしてしまうと、「まだあそこにいるの?」という意味になります。つまり、目的地に着いている状態がずっと続いているのですね。

要するに、この文ではyet、stillのどちらも使えますが、意味が違いますので、気をつけましょう!

 

最後に、もう一つ。

否定形だからと言って、必ずしもyetが正解だとは限りませんので、注意しましょう。

例えば、“I haven’t seen this movie yet.”だと、「この映画はまだ見ていない」という意味になります。つまり、見たいとは思っているが、まだその「映画を見る」という行為が始まっていない、ということです。

一方、“I still haven’t seen this movie.”だと、ずっと前から見ようと思っているが、「映画を見ていない」という状態がずっと続いている、という印象になります。

この二つのニュアンスの違いが理解できれば、もうバッチリです!

 

ちなみに、お気づきでしょうか?

語順としては、yetは文末に来ることが多く、stillは動詞の前に来ることが多いです。語順にも是非気をつけましょう!

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (5 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA