【簡単チェック!】asの意味は?【間違えやすい前置詞シリーズ】

こんにちは、講師のエリカです。

英文を読んでいると、よくasという前置詞を見かけますね。

しかし、このasにはいろんな用法があるということにお気づきでしょうか?実は、この短い単語で、たくさんのことを表現することができます!とてもフレキシブルな前置詞ですが、意味が多い分、解釈が難しくなるときもあります。勘違いを防ぐように、asの主な用法を押さえましょう!

asの使い方 基本A,B,C

A. 役割 こちらは割と分かりやすい用法ですね。日本語では「~として」と訳します。

I work as a nurse at the city hospital. / As a teacher, I feel that…

「市立病院でナースとして働いている。/教師として、私は…と思う。」

 

B. 比較、類似性 何かを比較する時に使うasです。「as (形容詞) as」という形で使うことが多いです。

She is as tall as I am. / She is faster than me, but not as strong (as I am).

「彼女は私と比べて同じ位背が高い。/彼女は私より足が速いが、私ほど強くはない。」

 

C. 様態 「~ように」などと訳します。これだけでは少し解りにくいかもしれませんが、例文を見れば使い方を掴めると思います。

Leave the door as it was. / As you know… / As you wish.

「ドアをそのままにしておきなさい。/あなたが知っているように…(ご存知の通り)。/お望み通りにいたします。」

 

asの使い方 レベルアップ編 D,E,F

A~Cは文型から意味が分かることが多いですが、難しいのはこれからです!

D. 原因、理由 日本語では「~なので」になります。becauseやsinceと似ていますが、becauseは「相手がまだ知らない事柄」に対して使い、asやsinceは「相手が既に理由を知っている」ときに使います。従って、asとsinceは「理由」のニュアンスがbecauseより弱くなります。

As I had already finished my work, I had nothing to do.

「もう仕事が終わっていたので、することがなかった。」

 

E. 時 「~すると」「~と同時に」、または「~しながら」と訳すことが多いです。

As I passed the classroom, I saw someone waving at me.

「教室の前を通ると、誰かが私に手を振っているのを見た。」

 

F. 比例 Eと同様、こちらも「時(の流れ)」を表しますが、「~につれて」などと訳します。

As we get older, we learn more about the world.

「年をとるにつれて、我々はこの世界のことがもっと解るようになる。」

 

お気づきでしょうか?

D~Fはほぼ同じ文型なのです。構造からasの意味を解釈するのが難しいので、文脈で判断する必要があります。特にEとFは、D(理由)とも解釈できそうですね。ちょっとややこしいかもしれませんが、この三つの用法を押さえていれば、どれが自然か判断しやすくなると思います!

このように様々な意味や使い方があるasです。文章に出てくるasの意味がなかなか分からなければ、是非このリストをチェックして、A~Fのうちどの用法が一番適切か考えてみてください!

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (13 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA