【3分でTOEIC!】PART7 攻略の基本(解き方)

【3分でTOEIC!】PART7 攻略の基本(解き方)

前回は、TOEIC PART7の攻略の基本(難易度)について書きました。こちらをご覧ください。

今回は、解き方についてです。

 

PART7は長文読解問題

 

PART7はいわゆる「長文問題」です。

 

長文問題と一口に言っても、1つの文書からなるシングルパッセージ、2つの文書からなるダブルパッセージ、3つの文書からなるトリプルパッセージという3種類があります。

 

PART7には全部で54問の設問がありますが、少し詳しく書くと

 

・シングルパッセージは10文書で29問(1つの文書につき2~4問付いている)

・ダブルパッセージは2セット(4文書)で10問(1つのセットにつき5問付いている)

・トリプルパッセージは3セット(9文書)で15問(1つのセットにつき5問付いている)

 

このような構成になっています。

 

長文問題の解き進め方

 

PART7の長文問題の解き進め方には、大きく分けて2種類あります。

 

1つ目は、まず設問を見てから本文を読むタイプ。

もう1つは、本文を読んでから設問を見るタイプです。

 

この2つの解きかたをどちらにするのかというのはかなり悩む方もいますが、結論を先に言うと「どちらでもよい」と思います。

 

一番良いのは、自分でたくさん模試(問題)を解いてみて、やりやすいほうでやっていくことですね。

 

ちなみに僕自身はいつも先に本文を全部読んでから設問を見ます。

 

ただ、これまで実際に教えてきた方を見ている限り、この解きかたはどちらかというと上級者向けであるようです。

 

英語力が上がると解きかたが変わる

 

長文の解きかたに関しては、大雑把に言って「自分の英語力」によって効率の良い解きかたが変わってくると思います。

 

初級者の方は、多くの場合「まず設問を読み、どんな情報を探せばよいかを意識した上で本文を読む」という方法が合っているようです。

 

しかし徐々にレベルが上がるにつれて、この解きかただと逆に「読みにくい」と感じることが多くなってきます。

 

設問を読んで本文を読むというスタイルだと、本文と設問を行ったり来たりしなければならず、本文全体の流れをつかむのが難しくなるからです。

 

いわゆる「難しい設問」の中には本文全体の流れがわかっていないと解けないようにできているものもあります。

 

だから、上級者にとっては本文を通しで読んだ方が問題も解きやすい場合が多いのですね。

 

逆に、英語の文をどんどん読み進めても内容が頭に入ってこないレベルであれば、一気に読んでしまうと逆に内容を全て忘れてしまうでしょう。

その場合は、設問を見て何を探せばいいのかを確認したうえで少しずつ読み進めていくというスタイル(設問と本文を行ったり来たりするスタイル)が向いていると言えるでしょう。

 

もちろん性格や好みにもよりますが、ざっくり言うとこのように長文の解きかたというのは英語レベルによって変わってきます。

 

今の自分の英語力だとどんな解きかたが合っているのか?というのはぜひご自身でたくさん問題を解いて考えてみてくださいね。

 

もちろん、それと並行して、英語の力全般も上げていきましょう。

 

TOEIC対策に興味を持った方は、フルーツフルイングリッシュに「無料英語テスト800問(解説付き)」というものがあります。お試しください→こちらk

英語講師。YouTube「猛牛ちゃんねる」でTOEIC対策動画を配信中。最近はTOEIC®対策書籍等の教材作成に主に携わっています。Jet Bullというハンドルネームでブログ・twitterをしています。TOEIC満点50回超。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (6 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。