英作文課題「今週会えなかったね。」は何て訳す?

英作文課題

英作文課題「今週会えなかったね。」は何て訳す?

こんにちは、さゆりです。

最近、FEのビジネスライティング講座の講師を始めました。課題の添削をしていて、なるほどねと思う英作文に出会いました。ビジネスライティング講座では、様々なテーマ毎に受講者さんにビジネスメールを課題として提出してもらうのですが、課題例の中に、「今週オフィスで会えなかったね。」という文章がありました。

皆さんは何と訳しますか?

受講者さんの訳でかなりの割合を占めていたのが、

I couldn’t meet you directly this week.

といったような訳です。この訳は英文法としてはほとんど問題がなく、コンテクスト(文脈)によっては正しい訳です。ただこの課題のコンテクストでは、「今週、オフィスで(ある同僚に)まだ会えていないね。」という意味なのです。そうすると相応しい訳は、

I haven’t seen you this week at office yet.

になります。(Yet は省略しても良いです。)

なぜ過去形ではなく現在完了形を使用するのか? オフィスで書いているビジネスメールなので、このメイルを書いた時点でまだ今週が終わっているわけではなく、会っていないのは、過去から現在において継続している事象だからです。

もう一つは、meet とsee という動詞の微妙な違いです。いつも一緒に働いている同僚にオフィスでmeet するのは、meeting などの約束があった時です。もしくは、

I couldn’t meet you this week at Sayuri’s farewell party.

などの場合です。ですからこの課題の文脈では、使用しません。「今週はオフィスで顔を合わせてないね」のようなニュアンスの場合、seeを使用する方が相応しいのです。また、

I haven’t met you.

とすると、「私はあなたに会ったことがない。」とのニュアンスになります。

このように語彙の選択で一番大切なのが、コンテクスト(文脈)です。よく生徒さんから、「〜を訳すのに一番適した表現は何でしょう」と聞かれるのですが、大抵の場合多くの講師さんは困ってしまうと思います。というのは、

This is a pen.

などの特殊な英文を除いて、コンテクストを無視できる文章はほとんどないからです。
これは英語に限らず全ての言語に当てはまります。コンテクストの重要性は英文を読む場合も全く同じです。英語の本を読んでいて知らない単語に出会っても、我慢して読み進んでみてください。

そうすると多くの場合、分からなかった英単語の意味がコンテクストから推測されることが多々あるからです。そうすることにより、その単語の辞書的な意味だけでなく、その単語がどのようなコンテクストで使用されるかも自ずと身に付いてきます。第一、分からない単語で一つ一つ辞書を引いていたら、本を読むものが楽しくないですものね。(この意味では、既に内容を知っている本を英語で読むのは有益ですね。)

それからThesaurus と呼ばれる辞典がありますが、これは特に類義語/反意語などを集めた辞典で、オンライン版もあります。語彙がある程度の水準に達したら、分からない単語はこのThesaurusで引き、例文を逐一読んでいくというのがオススメです。

とにかく、英文を書く際も読む際もコンテクストを大切にしてくださいね。(と私も何十年前、大学の教授から口煩く言われましたが、当時は理解していませんでしたね…。)

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

現在、オーストラリアのメルボルンに在住です。

日本を1991年に離れ、オーストリア、アメリカなどに居を構えました。20年近く、外資系金融機関で、リサーチ、営業に携わってきたので、専門は、金融/経済/会計ですが、現在は幅広く翻訳の仕事をしています。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (13 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

現在、オーストラリアのメルボルンに在住です。 日本を1991年に離れ、オーストリア、アメリカなどに居を構えました。20年近く、外資系金融機関で、リサーチ、営業に携わってきたので、専門は、金融/経済/会計ですが、現在は幅広く翻訳の仕事をしています。