【使える英語表現!】「筈だった」、「筈です」を表現するのに便利な「be動詞+to不定詞!

【使える英語表現!】「筈だった」、「筈です」を表現するのに便利な「be動詞+to不定詞!

こんにちは、さゆりです。

 

未来の事象を表現するには、未来を表す助動詞のwillや、現在進行形を使用するのが一般的ですが、あまり知られていないながら実はよく使用される表現に、「be動詞+to不定詞」があります。

 

未来の予定「筈です」のニュアンスの英語表現、「be動詞+to不定詞」

 

この構文を使用すると、未来の予定「筈です」のニュアンスを上手に表現できるので使用してみて下さい。

それでは例文を見てみましょう。

I am to study in the US. 「アメリカで勉強する予定/筈です。」

She is to marry him in April. 「彼女は4月に彼と結構する予定/筈です。」

 

以前にも書いたかもしれませんが、日本の学校ではwillは未来を表す助動詞として学ぶことが多いですよね。Willは確かに、It will rain. などの様に単純未来を表す場合もありますが、「人」が主語の場合「意志」のニュアンスが強く出ます。

 

I am going to study in the US./ I am to study in the US.

 

は、単純に未来の事実を述べているニュアンスです。この場合は、アメリカで勉強するのはほとんど確定しています。一方で、

 

I will study in the US.

 

にすると、上の文章より、「アメリカで勉強する」という意志は強く表現されますが、アメリカで勉強するがほとんど確定しているわけではなく、単に希望を表明している可能性もあります。この辺の判断は、文脈によってくるのですが、willは「未来の助動詞」と理解するより、「将来の意志/意向を表現する助動詞」と理解する方が良いかもしれません。

 

過去形「筈だった」の英語表現も、「be動詞+to不定詞」で

 

「be動詞+to不定詞」は、未来の予定だけでなく、「筈だった」と過去形でも上手に表現できます。

 

I was to go to Hawaii for summer vacation.

「夏休みにハワイに行く予定/筈でした。」

Government was to lift the restrictions before Christmas.

「政府はクリスマス前に規制を解除する予定/筈でした。」

 

の様な表現ですね。

 

文法の解説書などを見ると「be動詞+to不定詞」はこの他にも、可能性(~できる)、義務(~すべきだ)、意図(~するつもり)、運命を表現するのに使用されるとあります。

意図(~するつもり)はif などを伴った条件節で使用されることがほとんどです。(If you are to succeed, work hard.) 条件節では基本的にwillは使用しないので、その代わりに「be動詞+to不定詞」を使うことが多くなりますね。

可能性、義務、意図、運命も基本的に「予定/筈です。」の延長上での使用なので、どんどん使ってみてください。

 

 

 

【1/30(日)まで限定!】あなたはこんな間違えをしていませんか?

送料550円のみで、通常3,850円のこの1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

英文添削サービスで指導実績日本No.1のフルーツフルイングリッシュがお届けする、日本人が最も間違えている英文法ワーストNo.1文法テーマをこれ1冊で克服!

英語を使うならぜーーったい!避けて通れないこの1冊をまずは学んでください。
出会いに感謝してタダでプレゼント!(ただし送料だけご負担ください)

今すぐプレゼントをもらう!

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (5 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

現在、オーストラリアのメルボルンに在住です。 日本を1991年に離れ、オーストリア、アメリカなどに居を構えました。20年近く、外資系金融機関で、リサーチ、営業に携わってきたので、専門は、金融/経済/会計ですが、現在は幅広く翻訳の仕事をしています。