【使える英語表現】知ってる?rainを使ったイディオム

こんにちは、アメリカ出身のモーガンです。

6月というと、日本は梅雨の時期ですね。
梅雨にちなんで今日紹介するのは雨に関するイディオムです!

rainといえば小学生も知っている子は知っている単語です。
でも名詞の”雨”と、動詞の”雨が降る”以外の使い方を知っている人は
案外少ない!?

せっかくなので、普通の使い方でないrainを使ったイディオムを紹介します。

be rained out  ”雨で中止になる”

最初のフレーズはこれ、”be rained out”。

このフレーズは基本的に受動態で使います。
雨で試合やスポーツイベントなどがしまったときに使えるフレーズです。

The soccer game was rained out yesterday and will be played next weekend instead.
サッカーの試合が昨日雨のため、来週末に順延になりました。

rain check  “またの機会に”

こちらは聞いたことがある方も多いかもしれません。

「rain check」は、字のまま!なのですが、もともとはスポーツの試合などが雨で延期になった時にもらう券を指していました。
お客はそれを、次回使える代理チケットとして持ち帰ったと言います。

そのためかコロケーションはそのまま、”take”を使うことが多いです。
“Would you like to have lunch with me?” など同僚に誘ってもらったけど、仕事が終わらな〜い!そんなときに、

I’ll take a rain check.
Do you mind if I take a rain check?
How about a rain check?
Rain check?  などと答えると、

“また今度にしましょう” という丁寧なお断り文句になります。

このフレーズを使う時に気をつけてほしいことがあります。それは…

次回本当に行く気がある時に使ってください! ということ。

日本語でよくいう社交辞令の「機会があれば〜」といって全然誘ってくれない約束に、rain checkは合わないです。
rain checkをされるのなら、行く気があることが前提になってます。

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (6 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Hello! アメリカ出身のMorganです。もうかれこれ日本に15年程住んでいます。 アメリカにも子どもたちを連れてよく里帰りするので、子どもを通して気がついたこと、日本とアメリカの違い、日本のここがいいな〜、アメリカのこういうところが懐かしいな〜ということを中心にブログに綴っていきます。