【英語脳】パターン③ → 行為主よりも行為を受けた人、行為自体を強調させたい時

英作文講座の講師meagan先生の英語脳シリーズ

こんにちは!オーストラリア人のミーガンです。
受動態を使うパターン3は「行為主よりも行為を受けた人、行為自体を強調させたい」です。
もちろん、能動態を使うときは中立的な文(ただ事実を説明している文)を作ることができますが、100%中立的というわけではありません。
能動態の文は行為主が明確に出るので、どちらかというとその行為主に焦点を当てることになります。

 

受動態か能動態かで文のニュアンスが変わる

もう少し具体的に考えましょう。例として赤ちゃんに名前を付けるシチュエーションを使います。

  • 受動態 The baby was named “Jessica”.
  • 能動態 We named the baby “Jessica”.

この場合に受動態でも能動態でも可能です。ただし、選ぶ態によって文のニュアンスが変わります。

受動態の文だと、行為主(we/the parents/theyなど)が登場しないので、「赤ちゃんは「ジェシカ」と名付けられた」という行為自体が強調されています。
受動態なので少し堅い文になります。

その一方で、能動態にすると行為主を明示する必要があります。上記の例文に主語をweにしていますね。
英語では最も重要な情報が前に来るので、主語のweが強調されます。
文のフォーカスは「つけられた名前」というよりも、名前は誰が付けたのか、何かが起きたのかという点になります。

 

会話だと分かりやすい能動態が多い

もちろん、会話などで、事情の説明として能動態がよく使われています。
例えば
How did the name-choosing go in the end?(名前の選択はどうなった?)
などの質問に対して、
Oh, we ended up naming her “Jessica”.(あ、結局「ジェシカ」にした。)
という答えも自然です。

会話で
The baby was named Jessica.
にすると、相手は当然「あ、誰が名前を選んだのかは言っていない」とか、「あ、違う人が名前を付けた」というふうに解釈するので注意が必要です。
文は硬いし、会話に適切ではない答えになります。

会話だと分かりやすい能動態が使われることが多いですが、文章だと受動態が多くなります。
自分の出したいニュアンスだけではなく、文章にその態が合っているのかという点も意識して書きましょう。

では、また来週!

※ミーガン先生の【英語脳】シリーズ記事はこちらからどうぞ!

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

【10/18(月)まで限定!】大人気教材をプレゼント!

送料550円のみで、通常3,850円のこの1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

英文添削サービスで指導実績日本No.1のフルーツフルイングリッシュがお届けする、日本人が最も間違えている英文法ワーストNo.1文法テーマをこれ1冊で克服!

英語を使うならぜーーったい!避けて通れないこの1冊をまずは学んでください。
出会いに感謝してタダでプレゼント!(ただし送料だけご負担ください)

今すぐプレゼントをもらう!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (23 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語能力試験N1(最難関レベル)に合格し、さらにNAATI(オーストラリアの通訳・翻訳国家資格)にも合格。英語ネイティブで日本語の通訳資格に合格する方はかなり少なく、そんな日本と英語の両方に精通し、英語の微妙なニュアンスを日本語で分かりやすく説明できる希少なスキルを持つ先生です。