英検準1級取得に向けた過去問や問題集を使わない対策

今回は、英検準1級の過去問や問題集を使わずに、英語力を底上げしながら準1級合格程度の実力をつける方法をお伝えします。

この方法で身につくのは、

・読解力
・リスニング力
・語彙力
・背景知識
・英作文のアイディア

です。

ご自身で勉強をする時に、この部分を鍛える(今回は上記5つ)と意識しながら学習を進めると大変効果的です。是非、この5つを高める!と決意して素材に取り組んでください。

どんな素材でも結果的に力はつくのですが、
今回は1つのソースで上記5つを全て満たせるVOAを使って説明します。

  1. まずは、下記のURLからVOAのページを開いてください。
    https://learningenglish.voanews.com/
  2. TOP画面から興味の惹かれるトピックを一つ選びます。
    ここでは環境問題を扱っている、Rising Seas Force Changes on Historic Farms にしましょう。
  3. 音声の再生ボタンをクリックし、3回何も見ないで聴きます。
  4. スクリプトを見ながら、2回聴きます(ここでは何もしません)。
  5. 音声は聞かずに読解の文章として1センテンスずつ口頭で和訳します。
    ・知らない単語は調べてノートに別でまとめます。
    ・文法が取りづらい箇所は主語と動詞をしっかり確認します。
    ・時制や代名詞、関係詞にも注目して確実に理解します。
  6. 固有名詞を調べます。
    ・この記事では、Chesapeake Bayがどこにあるのかなどです。記事によっては歴史的イベントや歴史上の人物、政治家の名前が出てきたら日本語のサイトでいいので一度読んでおきます。
  7. 5.で調べた語彙で例文を3つずつ作成し、5回ずつ音読します。
  8. 環境問題、社会問題、政治・経済、歴史など英作文に使えそうなセンテンスはノートへまとめます。
  9. 最後にスクリプトを見ないで1回聴きます。

ここまでできれば、1つの記事であっという間に時間が経過しますが、かなりの知識量となります。

最初に記事を選ぶ時には、自分の興味のある分野、興味がないけど英検に出そうなので勉強しておかないとと感じる分野を優先的に選ぶのが良いでしょう。

余力がある方は是非、シャドーイングも行って二次試験対策に繋げていただければと思います。
シャドーイングは数回やっても効果は薄いため、1つの記事について1週間以上は同じものを繰り返すことをお勧めします。

オンラインには無料で利用可能な便利なサイトがたくさんあります。特にこのVOAは英語学習者向けとなっているので、語彙や表現も比較的平易で音源もゆっくりめです。じっくり丁寧に勉強するのに向いていますね。

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (19 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る