【前置詞をマスターしよう!】○○を背景に~ ― 写真や画像で使う英語表現

【前置詞をマスターしよう!】○○を背景に~ ― 写真や画像で使う英語表現

Hello there!

皆さま こんにちは

インストラクターの H. Yoko です。

今回も前置詞を用いる表現です。

 

写真1枚…とは言わない?

 

スマホやタブレットでの撮影が主流となり、ここ最近は「デジカメ」という言葉もすっかり聞かなくなりました。

余談になりますが「写真一枚」このようになぜ「枚」という単位を使うのか?

と疑問に思う若者(特に小学生~)も多いようです。

現像に出向くのは少々面倒ではありますが、現像された写真の良さ、忘れたくないな、と思います!

 

被写体には of !

 

例えばですが

履歴書用に写真を2枚用意しなければならない…

 

オンラインではなく「紙」の履歴書であれば、顔写真を添付するスペースがあります。

 

このような場合に

 

-I need to prepare my photo.

-You have to attach your photo.

 

このように

 

my photo

your photo

 

のように表現する方が結構いらっしゃいますが、正しくは

 

a photo of 被写体

 

こちらが基本となります。

 

これだけで

 

~が写っている写真

 

と解釈することができます。

 

大切にしている写真やアルバムなどを指して my photos と表現することは当然可能です。

自分のものですから!

 

ちなみにですが、スマホなどの画像であれば

 

an image of yourself

 

などとすることもできます。

 

複数であれば

 

photos of + 被写体

images of + 被写体

 

と複数形とします。

 

i.e.

-We took so many photos of Mt. Fuji from the plane window.

飛行機の中で富士山の写真をたくさん撮った

(=飛行機の窓から見えた富士山

 

-The News Times ran a photo of the band coming down the staircase.

ニュースタイムズ社は、バンドが階段をおりている写真を掲載した。

(=ある新聞社が、バンドのメンバーがちょうど階段をおりているところを撮影し、新聞に載せた

 

背景には in !

 

~を背景に写真を撮る

~をバックに撮影する

 

など、人などの背中側(後ろ)に何があるのか、ということを説明することはあると思います。

 

この場合は in を使います。

 

使いやすいのは

 

in the background

 

です。

 

i.e. ①

-Can you take a photo of me with the lake in the background?

湖を背景にして→ 私の写真を撮ってくれる?

 

※ a photo of メインの被写体 + with + 名詞

このように with + 名詞 を使用することで、背景にする物事(建物など)を表現することができます。

シンプルに「~と一緒に写真を撮る」ということですから、当然人や生き物でも問題ありません。

 

-I want to take a photo of you with the elephant!

ゾウさんと一緒に写真を撮ってあげる!

(=象と写真を撮ってあげたい

 

i.e. ②

-We are going to get that tower in the background.

あの塔(タワー)を背景にしよう

この場合は「写真を撮る」という表現はしていませんが、明らかに写真を撮ろうとしている状況であれば問題なく使用できます。どうしよう?どこで撮ろう?などと迷っている時に使えそうですね。

 

いかがでしたか?

お出かけ先での写真撮影の際にも是非活用してくださいね。

 

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (5 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。