「逆に」と”on the contrary”は意味が違う?【訳し方に注意!】

「逆に」と”on the contrary”は意味が違う?

こんにちは、講師のエリカです。

今回は、よくある間違った表現の使い方についてお話したいと思います。

 

【逆に ≠ on the contrary】

「逆に」は日本語でよく使う便利な表現ですね。そして、この「逆に」という表現を、英作文でそのまま“on the contrary”と訳されている方が多いです。contraryは「逆」「反対」のような意味がありますし、直接英語に訳すと、確かにそうなりますね。

ただ、この「逆に」と“on the contrary”の使い方が少し違います。文脈によってはそう訳せないこともないと思いますが、実は“on the contrary”は、どちらかといえば「それどころか」「むしろ」のように使うのです。前の発言の反対を強調するような役割を持っています。おまけに、on the contraryは会話ではあまり使わず、主に文章で見かける表現で、気軽に使える「逆に」とはフォーマルさ加減も違います。

 

早速、使用例を確認してみましょう。

① He is not tired at all. On the contrary, he is raring to go.

「彼は決して疲れてはいない。むしろやりたくてうずうずしている。」

※この場合、on the contraryは「逆に」と訳せなくもないと思いますが、「むしろ」のほうがしっくり来ます。

② He wasn’t late. On the contrary, he was an hour early.

「彼は遅刻しなかった。それどころか一時間早かった。」

 

では、日本語の「逆に」の不自然な訳し方の例も見てみましょう。

③「彼は全てのテストで赤点を取ったらしい。逆にすごくない?」

× Apparently, he flunked all his tests. On the contrary, isn’t that amazing?

日本語が分かる人には意味が通じると思いますが、“Isn’t that amazing?”は普通に考えると“He flunked all his tests.”の「反対」ではないので、不自然な使い方になってしまいます。

 

では、「逆に」は一体どう英訳すればよいのでしょうか。結論から言いますと、残念ながら英語には、日本語の「逆に」のニュアンスや使い方を100%正確に再現した表現は存在しないと言ってよいでしょう。文脈によって柔軟に対応するしかありません。

③で「逆に」のニュアンスを表すには、例えば“in a sense”(ある意味では)で代用することができます。

Apparently, he flunked all his tests. Don’t you think that’s pretty amazing in a sense?

「彼は全てのテストで赤点を取ったらしい。ある意味ですごくない?」

 

「逆に」を英語で表すには残念ながら一つの特効薬はありませんが、そのまま“on the contrary”と訳さないようにだけ注意しましょう!「むしろ」「それどころか」のような意味で使う場合は“on the contrary”を使ってもOKです。

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (35 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語能力試験最難関のN1取得。幼い頃から日本文化に興味を持ち、日本語も日本人と見分けがつかないほど流ちょうに使いこなせるN1講師。座右の銘は「Challenge yourself!」