“I appreciate you”は間違い?”appreciate”の使い方を復習しよう!

"I appreciate you"は間違い?"appreciate"の使い方を復習しよう!

こんにちは。FEのインストラクターのAtsukoです。

 

今日は、皆さんの多くがご存じの“appreciate”の使い方についてお話したいと思います。

“appreciate”は、”thank you”よりも格好いい表現、のように思っていませんか?

これは、私自身も覚えがあります。アメリカに住んでいた頃、日常会話では、”Thank you.”が圧倒的に多く使われるのですが、仕事を始めるようになったら、急に”appreciate”の登場回数が増えて、何だか大人になったような気がしました(笑)。

 

“appreciate”の意味、理解していますか?

“appreciate”を英英辞典で調べると、

 

  • to understand the worth or importance of something or someone

 

つまり、何か・誰かの価値や重要性を理解する、という意味ですね。もう少し分かりやすく言うと、「何か・誰かの価値をきちんと認める・正しく評価する」ということになります。

そのため、“I appreciate your help.”

というのは、日本語では、「あなたの手助けに感謝します」と訳されることが多いですが、実は

「あなたの手助けがどれだけ価値があったものであったか、私はしっかり認識していますよ」という気持ちがベースになっているのです。

 

“I appreciate you.”とは言わない?

“appreciate”の目的語には、人以外の名詞を使うことが圧倒的に多いです。これは、FEの課題でも、修正された覚えたある方が多いのでは?

 

では、“I appreciate you.”という構文自体は可能でしょうか?

答えはYesです。

この場合、高く評価する対象がyouになっているわけなので、「私はあなたの価値をしっかり認識しています」という意味になります。

ですが、ここで間違えてはいけないのは、“I appreciate you.” = “Thank you.”ではないことです。そのため、「ありがとう」と言いたいシーンで、”I appreciate you.”というのは不自然になってくるのです。

“appreciate + 人”を使うシーンの一例

個人的には、“appreciate + 人”という場合は、否定文で使うことが多いように思います。

“He doesn’t appreciate you.”と言えば、「彼はあなたに感謝していない」と訳されることも多いですが、意味としては、「彼はあなたの価値を分かっていない」ということになります。

例えば、妻のことを家政婦のように使って、妻がしてくれることに感謝の念が無い夫に対して、妻の友人が妻に忠告する一言です。

 

いかがでしたか?

“appreciate”は、上手く使えると、とても洗練された表現を作れます。基本的には、人以外の目的語を取ることを覚えておいてくださいね。

 

 

 


ビジネスメールだけで3段階!
あらゆるシチュエーションに対応したメールスタイルを学ぶ!

K.Motoko先生のTHE FIVE STYLES

K.Motoko先生のTHE FIVE STYLES


友人から会社の上司など送る相手に合わせたメールスタイルが5種類、さらに丁寧度を6段階に分けて英文メールの書き方を学べます。 基本的な英文メールのルールを網羅しながらも、実際ネイティブがビジネスやプライベートでどのようなメールを書いているかという観点でEメールの書き方を指導します。

詳細はこちら

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (12 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

海外で学び、アメリカでの生活が20年以上。英語力はネイティブレベル。アメリカの公認会計士として15年以上働いた経験があり、豊富な実務経験を活かしたビジネスライティングの指導には定評がある。お客様評価も高く人気のある先生。