【3分で使える英会話】英会話にもこんなに使える!仮定法の表現

英会話にもこんなに使える!仮定法の表現

みなさんこんにちは!

仮定法って文法の話でしょ?

いつどうやって会話中に使うの?

というイメージがあるかもしれませんが、実際の会話において仮定法は頻繁に使われています。一度覚えてしまえば英語での会話に奥行きを持たせることができ、表現の幅が広がります。

まず、仮定法とは、現実にはあり得ないこと、実現不可能なことを「もしも〜だったら」と表現する場合に使います。おおまかに言うといわゆるタラレバです。

この表現、会話においてかなりの頻度で出現すると思いませんか?

例えば、こんなセリフ。

「もしも〜だったら」と表現する英会話例

俺がアイツなら彼女と付き合うね。

If I were him, I would go out with her.

あのとき彼と別れてなかったら結婚してたかもしれないのに。

If I had not broken up with him then, we might have got married.

着るものがない!洗濯しとくべきだった!

Nothing to wear! I should have done the laundry!

万が一彼が明日うちに来たら、引っ叩いてやる。

If he should come to see me tomorrow, I would slap him.

 

一人でライブ、つまらない。友達がいてくれたらいいのに。

I’m bored and alone at the concert. I wish my friends were here.

 

もっとお金あればもっと幸せになれるのに。

If only I had more money, I could be happier.

何事もなかったかのように振る舞うのは難しい。

It is hard to behave as if nothing had happened.

この仕事さえなければすぐ帰れるのになあ。

Without these tasks, I could leave the office soon.

 

以上の表現は全て仮定法を使っています。

ポイントは、全ての内容が「もしも」の実現しない事柄だということです。

英語でタラレバを語れたらより感情豊かに話せる気がしませんか?こういうことが言いたかった!という表現が仮定法にあるかもしれません。

このように仮想を話すとき、日本語でも「〜だったら、〜していたら」というように過去形を使いますが、英語でも一つ前の時制を使います。

基本の仮定法

「現在〜だったら」というように、現在の事実とは異なることを仮定する場合は、仮定法過去を使います。

仮定法過去では、If節に過去形、主節に過去形の助動詞(would, should, could, mightなど)を用います。

例)晴れていたら散歩に行けたのに。

If it was sunny, I could go for a walk.

 

「過去に〜だったら」というように、過去の事実とは異なることを仮定する場合は、仮定法過去完了を使います。

仮定法過去完了ではIf節に過去完了形(had + PP)、主節には過去形の助動詞+完了形(would have PP, should have PP, could have PP, might have PP)を用います。

例)君の電話番号を知っていたら、電話をかけたのだが。

If I had known your phone number, I would have called you.

上記の基本の仮定法過去、仮定法過去完了に加え、仮定法には以下の表現もあります。(冒頭の例文にも使用しています。)

  • 仮定法未来: if S should V, S will/would V.(万が一SがVするならば、SはVするだろう。)

主節のwill/wouldの使い分けは、可能性がある場合はwill、可能性が低い場合にwouldを用います。

  • I wish~/ if only~:I wish S VP / S had PP(SがVすればなあ / SがVしていればなあ)

よく目にする定番フレーズもこの表現を使います。

例)空が飛べたらなあ。

I wish I could fly.

  • as if~:as if S VP /S had PP(SがVするかのごとく / SがVしたかのごとく)
  • without~ / but for~:(〜がなかったら、〜がないならば)

without, but forの後には名詞が続きます。これと逆の意味で「〜があったなら」と言いたいときはwithを用いて表現します。

 

以上、英会話で使える仮定法の表現をご紹介しました。

 

仮定法は少しややこしく感じますが、日本語同様、一つ前の時制を使う、ということを頭に留めながらルールを押さえてしまえば分かりやすくなります。色んな文章を作ると楽しく慣れていけますよ。

表現の幅が広がる仮定法、ぜひ英会話に取り入れてみてください。

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

海外・外国語大好きライター。
高校生のとき初めて訪れたイギリスがきっかけで、海外の魅力にどっぷりハマる。
英語の他にも様々な言語を学び(ロシア語、フランス語、ポーランド語など)、外国語学習の面白さを知る。
国内で英語を習得し、独学でTOEICスコア870点取得。
二度の留学や海外一人旅、英語講師、商社の海外営業事務として勤務した経験から、英語学習に役立つコンテンツをお届けします。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (7 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

海外・外国語大好きライター。 高校生のとき初めて訪れたイギリスがきっかけで、海外の魅力にどっぷりハマる。 英語の他にも様々な言語を学び(ロシア語、フランス語、ポーランド語など)、外国語学習の面白さを知る。 国内で英語を習得し、独学でTOEICスコア870点取得。 二度の留学や海外一人旅、英語講師、商社の海外営業事務として勤務した経験から、英語学習に役立つコンテンツをお届けします。