【3分で英会話術】聞き返しのテクニック1

【3分で英会話術】聞き返しのテクニック1

Hello from Canada.

Fruitful English講師のYukoです。

以前このブログで、相槌の表現のバリエーションをご紹介しました。

【英会話】ワンパターンから脱却!相槌の表現バリエーションを増やそう!

相手の話がわかっていれば、内容にあった相槌をうつことができます。

でも、わからなかったら、どうしますか?

わかったふりして、’Uh-huh’とうなずいてもいいですが、

話をふられたら。。。

わかっていないのがばれてしまいます(苦笑)。

今日は、失礼にならない「聞き返し」のテクニックを学びましょう。

 

もう一回言ってください

シンプルに「もう一回言ってください」とお願いできます。

Could you say that again?

Could you repeat that again?

Would you mind repeating that?

これらはとても丁寧な言い方です。

 

友人同士でしたら、カジュアルに

Say that again?

Sorry?

と聞き返しても良いでしょう。

 

Excuse me?

Pardon?

という表現もありますが、注意が必要です。

「聞き手(自分)が理解できないから」ではなく、

「話し手(相手)の声が小さくて聞こえないから聞き返す」場合に使います。

話し手の落ち度でないのに、何度も使ってしまうと、

相手を嫌な気持ちにさせてしまうかもしれません。

 

オウム返し:その1

オウム返しは、ネイティブも良く使うテクニックです。

オウム返しするからと言って、話し手(相手)を馬鹿にしているわけではなく、

ちゃんと聞いてることをアピールできるので、

むしろ好意的に受け取ってもらえます。

 

会話例を見てみましょう。

Mr. Wilson: We are going to hold a meeting with Fruits Technology next Wednesday. Are you available?

ウィルソンさん:「次の水曜日にフルーツテクノロジーと会議を開くんだが、きみの都合はどうだい?」

Ms. Suzuki: A meeting with Fruit Technology? When?

鈴木さん:「フルーツテクノロジーとの会議ですか?いつですか?」

Mr. Wilson:Next Wednesday. I think it will be around 2 pm.

ウィルソンさん:「次の水曜日だよ。たぶん午後2時ごろかな。」

Ms. Suzuki: I will be there.

鈴木さん:「出席します。」

 

鈴木さんは「曜日」を聞き取れなかったのですが、

「フルーツテクノロジーと会議」ということは聞き取れたので、

そこまでは聞けましたよ、とウィルソンさんに知らせることができます。

ウィルソンさんもすべてをリピートせずに、

「曜日」だけを繰り返すだけですみますし、

さらに、「時間」という新しい情報を加えつつ、会話をつづけることができます。

 

オウム返し:その2

Lucas:Mrs. McKenzie says you have not submitted your English assignment.

ルーカス:「マッケンジー先生が、君が英語の宿題を提出してないって言ってるよ。」

Samantha: She says I have not submitted my assignment? For what?

サマンサ:「先生が、私が宿題を提出してないって言ってるの?なんの?」

Lucas: English.

ルーカス:「英語の。」

Samantha: I though I did. I will go ask her. Thank you.

サマンサ:「提出したと思うわ。先生に聞いてみる。ありがとう。」

 

このパターンのオウム返しで注意すべきことは、

主語がかわっていることです。

ルーカスはサマンサのことを言っているので You を主語にしていますが、

サマンサは自分のことをいっているので、I を主語にします。

 

オウム返しのメリット

聞き取れないことを相手に繰り返してもらうだけでなく、

自分の理解が正しいかも同時に確認できます。

そして、先ほども述べたように、

「ちゃんと聞いてますよ」と相手にアピールできますね。

 

まだまだご紹介したい聞き返しテクニックがあるので、次回につづきます。

お楽しみに!

 

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (6 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA