【3分でTOEIC!】PART2攻略の基本+α

【3分でTOEIC!】PART2攻略の基本+α

PART2は応答問題

 

TOEICのPART2はリスニングセクションの「応答問題」です。

 

ある一人の人の発言に対して、3つの応答が流れ、その3つの応答のうち発言への適切な応答を選ぶ、というものですね。

 

このパートは全部で25問あります。

 

基本は最初の2~3単語を聞き逃さない+定番の応答表現を覚えること

 

PART2の基本はとにかく最初の2~3単語を聞き逃さないことです。

 

特にWH疑問文の問題の場合は、何を聞かれているのかさえ聞き取れれば正解を選べることが多くあります。

 

Whereで始まる質問であれば「場所」に関する応答が正解になることがほとんどですし、Whenならば「時期」に関する応答が正解になることがほとんどです。

 

また、Can you ~?「~してもらえますか」のような依頼の文などに対してはSure.「もちろん」など定番の応答が正解になることがほとんどです。

 

PART2は、まず「最初の2~3単語をきっちり聞く」ことと「定番の応答表現を覚える」ことが重要です。

 

さらに得点を伸ばすには消去法が有効

 

PART2攻略の基本が身についたら、次は「消去法」を意識して問題を解いてみましょう。

 

消去法をうまく使うと、基本だけで対処できなかった問題の正解率も上げることができます。

 

例えば「WH疑問文に対してはYes/Noは不正解」というルール(?)があります。

 

これがなぜ成り立つのか。

 

例えば「いつ~ですか?」という質問に対して「いいえ」という応答は成り立ちませんよね。

これは「いつ」だけでなく「何」でも「誰」でも同じです。

だからWH疑問文に対してはYes/Noは不正解なのです。

(現実世界では多少論理的でないやり取りも許容されるので、そんな応答もあるかもしれませんが、英語能力を測るTOEICでは不正解になります)

 

「WH疑問文に対してYes/Noが不正解」というわかりやすいルール以外にも、消去法が使える場面というのはPART2のいたるところにあります。

 

例えば、「~をしてくれますか?」という依頼に対してはLast Saturday.「先週の土曜日です」みたいな選択肢は不正解だとすぐにわかりますよね。

 

他にも「普通の平叙文」に対してはIn the park.「公園の中です」みたいな応答もおそらく不正解だと推測できますよね。

In the park.というのは「場所」を聞く質問への応答ですから。

 

PART2は選択肢が3つしかありませんから、このように「消去法」をうまく使うと、仮に「これが答えだ!」とはっきり分からなくても2択までしぼることができます。

 

例えば、10個の設問で消去法をうまく使い2択まで絞ることができれば、5問くらいは正解できるということになります。

これは大きいですね。

 

中級レベルでは「英語が全て聞こえているわけではないし、正解を選べているという実感もない。でもスコアはちょっとずつ上がっている」という方が多いのですが、これはこのように消去法をうまく使っているからという面もあると思います。

 

初級者の方はぜひ、少しでも正解率を上げるために、消去法を意識していきましょう。

 

(中級者以上の方はもちろん、全部聞き取れるようにたくさん英語リスニングの練習をしましょう)

TOEIC対策に興味を持った方は、フルーツフルイングリッシュに「無料英語テスト800問(解説付き)」というものがあります。お試しください→こちらk

英語講師。YouTube「猛牛ちゃんねる」でTOEIC対策動画を配信中。最近はTOEIC®対策書籍等の教材作成に主に携わっています。Jet Bullというハンドルネームでブログ・twitterをしています。TOEIC満点50回超。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (6 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。