【 英検準一級に頻出!】「off」を用いたイディオム10

【 英検準一級に頻出!】「off」を用いたイディオム10

みなさん、こんにちは!

今回は、英検準一級に頻出する「off」を用いたイディオム10個についてみていきたいと思います。

そもそも前置詞の「off」には、「~から離れて、~から外れて」という意味があり、それが動詞と結びつくことで様々な意味の広がりを見せるのです。そこで、「off」という前置詞を伴ったイディオムだけをピックアップして、意味を確認していきます。

どれも英検準一級には欠かせないイディオムとなっております。リーディングやリスニングの問題において、よく目にするものばかりだと思います。まずは、みなさん自身でどのくらい意味を理解しているのか確認してみましょう。7個以上瞬時に意味が出てくれば、なかなかのイディオムマスターなのではないでしょうか。

 

チェックしよう!英検準一級によく出る「off」を用いたイディオム10個

まずは1分以内でチェックしてみてください。

 

 ① skim off  ② spin off    ③ sound off    ④ hold off    ⑤ put off   

 ⑥ shove off   ⑦ drop off    ⑧ polish off    ⑨ chip off    ⑩ lop off

 

全て暗記できていましたか。

それでは一緒に意味をチェックしていきましょう。

 

英検準一級によく出る「off」を用いたイディオムの解説

 

① skim off

「取る、せしめる、自分のものにする」という意味です。そもそも、skimには「スプーンなどで上澄みなどをすくう、すくい取る」という意味があり、それにoffの「離れる、外れる」という意味が加わった形です。

 

② spin off

「付属的に(副産物として)生み出す」という意味です。「spinして(回転して)、その遠心力で離れる(off)」ということからこの意味が派生したのでしょう。spin-off「副産物」という名詞でも使われたりもします。

例:These goods spun off two additional plants last month.(これらの商品は先月、他の二つの工場を副次的に生み出した。)

 

③ sound off

「まくし立てる、あからさまに言う」という意味です。

例:Several customers sounded off on the goods.(何人かの顧客がその商品について不満をまくし立てた。)

 

④ hold off

「先延ばしにする、阻止する、遅らせる」という意味です。「離れたところに(off)、固定する(hold)」というイメージを持つと覚えやすいでしょう。

 

⑤ put off

「遅らせる、延期する、意欲をなくさせる」という意味です。「延期する」という意味では、postponeも頻出ですので覚えておきましょう。

 

⑥ shove off

「立ち去る、船が岸を離れる」という意味です。もともとshoveには「~を押す、突く」という意味があり、off(~から離れて、~から外れて)と合わさることでこのような意味になったのでしょう。

 

⑦ drop off

「置いてくる、届ける、降りる」という意味です。

例:He’ll drop the documents off at city hall next week.(彼は来週、書類を市役所に届けるつもりだ。)

 

⑧ polish off

「素早く仕上げる、素早く食べる」という意味です。もともとpolishには「磨く、仕上げる、洗練する」という意味があり、offと組み合わせることによりこのような意味になるのでしょう。

例:My friends polished off five beers at the party.(私の友達はパーティーで5本のビールをあっさりあけてしまった。)

 

⑨ chip off

「そぎ落とす、削る、はがし取る」という意味です。もともとchipには「削ぐ、削る」という意味があり、offがその意味を強調しているのでしょう。また英検準一級にはchip in「寄付する、持ち寄る、口を出す」というイディオムも頻出ですので、一緒に覚えておくようにしましょう。

 

⑩ lop off

「削減する、切り落とす」という意味です。lopは「切り取る、刈り込む」という意味ですが、それがoffと一緒に使われることで意味が強調されています。

 

さて、結果はいかがだったでしょうか。

どれも長文や会話の中で登場したり、ライティングでも活用できたりする重要なイディオムなので、これを機に全て暗記しておきましょう。

イディオムを暗記するときは英語と日本語の一対一対応で覚えてもいいのですが、上記の短文を参考にオリジナルの英文を作って覚えるようにしてもいいでしょう。何度もイディオムに触れ、実践で使える知識にしておきましょう。

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (2 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

国際系の大学を卒業後、オーストラリア留学、某国産自動車ディーラー営業職、子ども英会話教室マネージャー、公立中学校の特別学級の担任、都内にある某有名出版社の英文添削者(主に国公立難関校志望の生徒さんを担当)を経験。さらに中学・高校の英語の教員免許取得、英検準一級合格、TOEIC730(2020年1月受験結果)、メンタル心理カウンセラーの資格を活かし、10年以上英語担当の塾講師として全国の学習者の指導に当たっている。また不定期にセミナー講師(心理学を応用した英語学習や自己啓発、スピリチュアル関連)も務めている。