【英語学習 ーアルファベットの歴史】V, U, Wはみな仲間

【英語学習 ーアルファベットの歴史】V, U, Wはみな仲間

みなさん、こんにちは、Kenです。

これまで、語源についていろいろと紹介してきましたが、

今日はアルファベットの歴史について書いてみようと思います。

 

W は “ダブル = 2 ” ではない

英語であるかのように日本語では使われているけど、実は英語では通じないよ、

というものはいろいろありますが、その一つに

 

W で “ダブル = 2 ” を表すこと

 

があります。

 

・ダブルバーガー = Wバーガー

・ダブルベッド = Wベッド

 

のような表現は日本語では目にすることもありますが、Wで「ダブル = 2」を表すのは、英語ではできません。

 

これは

 

double

 

 

W = “「ダブリュー」= “double u”

 

を混同してしまったものだと思われます。気をつけましょう!

 

・・・ところで.

 

W は “ダブリュー = “double u” ですが、なぜ “=「ダブルヴイ」ではないのでしょう?この文字のデザイン的にはvが2つ並んでいるのに。

 

ちなみに、このWというアルファベットは、ヨーロッパでは「2つのヴイ」と呼ばれることが多いです。

 

フランス語: double v 「ドゥブル ヴェ」

イタリア語: doppio vu 「ドッピア ヴー」

スペイン語: uve doble 「ウヴェ ドブレ」

 

それぞれの言語ではこのように読みます。英語は「2つのユー」なのに。

 

WもUも、そのルーツはV

その理由はアルファベットの歴史にあります。

そもそも、ラテン語にはU、Wはなく、UやWで表されるような音はVで表記されていました。その後、Uが登場しても、UはVの異体字として扱われていた時代もあり、別の文字として扱われるようになったのは19世紀以降なのです。

 

また、Uと同じくWの歴史も浅く、英語のみが「2つのユー」と表現することからも、VとUが混同されていた時代がある、ということがわかります。

 

その証拠に

宝飾品の「ブルガリ」の創業者は Sotirio Bulgariという銀細工職人。しかしこのブランドは

 

BVLGARI

 

というスペルですね。

これはブランドのイメージとして伝統や歴史を感じさせるためにUがなかった時代の雰囲気を出すべくBULGARIではなくBVLGARIというスペリングを採用したのだそうです。

 

こんなところにもUとVの歴史がちょっと見られますね。

 

参考文献 原島広至著『英語解剖図鑑』KADOKAWA(2021)

 

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (6 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

国際協力団体、翻訳・通訳会社での勤務を経て、現在はフリーランスで英語講師、翻訳、通訳に従事。予備校での講師経験や、大学や企業でのTOEIC講師担当経験も持つ。またドイツでの留学経験も活かし、ドイツ語も仕事にしています。