こんなに違う!英語と日本語の発音

こんなに違う!英語と日本語の発音

皆さん、こんにちは!

日本人が英語を学習するとき、最難関に挙げられるのが「発音」の学習です。英単語や英文法や英文解釈などは、独学で参考書から学習することができますが、ネイティブの発音を習得するのはなかなか難しいですよね。
そこで、今回の記事では、日本語と英語の発音の3つの違いをご紹介します。

  • 音の違い
  • リズムの違い
  • フォニックス

それでは、詳しく見ていきましょう。

 

英語と日本語の音の違い

 

英語と日本語の音は全く違います。まず、母音の数が違います。日本語の母音は、「あ」「い」「う」「え」「お」の5個です。では、英語はどうでしょう?

なんと、英語には母音が26個あります。たとえば、日本語は「ア」の音は「あ」1つです。ところが、英語には5つの「ア」があり、発音記号では「ʌ」「æ」「ɑ」「a」「ə」で表記されます。つまり、英語と日本語の音は全く異なります。

 

英語と日本語のリズムの違い

日本語と英語では、リズムが違います。たとえば、日本語では、「橋」と「箸」の違いを音の高低で使い分けていますよね。では、英語はどうでしょうか?

英語は、強弱で使い分けています。少し専門的に言うと、内容語は「強」、機能語は「弱」です。つまり、大事なところは「強」、それ以外は「弱」になります。

たとえば、

What are you doing?

日本語に訳すと「何しているの?」ですよね。

なので、英語でも「何」のWhatと「しているの?」のdoinigの部分が「強」で発音されます。

 

英語にあって日本語にないフォニックス

英語には、日本語にはない「フォニックス」があります。

フォニックスとは、簡単に言ってしまうと英語の「発音」と「つづり」を結びつけるためのルールです。英語の発音は、残念なことにスペルと一致していません。そのため、アルファベットA to Zとは別に、このフォニックスという発音のルールを覚える必要があります。

実際に、英語圏の子どもたちは、だいたい6歳ぐらいまでに学校でフォニックスを学びます。

 

いかがでしたか?

今回ご紹介したように、英語と日本語は発音の面からも、全く違う言語です。ぜひ、今回の記事を参考に英語の発音矯正に挑戦してみてください。

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
お友だち登録で「毎日1分のLINEレッスン」、「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!
LINE公式アカウント友だち追加

カナダ在住のHannahです。
2012年にカナダに移住し、現在はまだまだ幼い双子の育児に奮闘中です。
最近は在宅で、英語学習系の記事の執筆や海外のニュースの翻訳などをしています。
忙しい中でも英語学習は続けており、学習歴は今年で20年を越してしまいました。
これから現地の情報や、英語学習に役立つ情報をお伝えしていきます。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (6 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

カナダ在住のHannahです。 2012年にカナダに移住し、現在はまだまだ幼い双子の育児に奮闘中です。 最近は在宅で、英語学習系の記事の執筆や海外のニュースの翻訳などをしています。 忙しい中でも英語学習は続けており、学習歴は今年で20年を越してしまいました。 これから現地の情報や、英語学習に役立つ情報をお伝えしていきます。