【英語日記でも使える!】嬉しいときのいろいろな英語表現

【英語日記でも使える!】嬉しいときのいろいろな英語表現

みなさん、こんにちは。フルーツフルイングリッシュのエリカです。

日記にはよく、その日の天気、体調、出来事などを書くのですが、それを「どう感じたか」という気持ちを記すのも大事ですね。

今回は、前回の英語日記記事に続き、英語日記で使える気分や感情の表現をご紹介したいと思います。

 

幸せな気分を表す英単語

とても嬉しいときは、なんとなくvery happyを使っていませんか?もちろんそれでも通じますが、英文がワンパターンになる可能性があります。

表現のボキャブラリーを増やして、さまざまな感情を伝えましょう。

 

I was delighted to hear the good news.

良いニュースを聞いて大いに喜んだ。

happyよりも強い喜びを表す英単語です。

 

I was thrilled to get a message from my friend.

友達からメールが来てワクワクした/とても感激した。

「スリル」は日本語でも通じますが、嬉しくて興奮したりワクワクしたときに使える表現です。

 

I’m in a jubilant mood because our team won.

私たちのチームが優勝して歓喜に満ちている。

jubilantは特に、何かに成功したときに使う言葉です。moodとセットで登場することが多いです。

 

I was ecstatic when I found my favorite band’s CD.

大好きなバンドのCDが見つかって有頂天だった。

この上ない幸せを感じたときに使える表現です。

 

I’ve been over the moon all week.

一週間前からとても幸せなんだ。

直訳すれば「月を超える」になるイディオムで、とても幸せな気分を表します。

 

I feel like I’m on top of the world!

最高の気分だ!

「世界の頂点に立つ」という意味のイディオムです。感情としてはecstaticに似ていますね。

 

語彙力を付けて、バリエーションのある英語日記を書きましょう!

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

【12/6(月)まで限定!】あなたはこんな間違えをしていませんか?

登場頻度が高いのに、日本人が最も間違える文法テーマがあります。
ネイティブなら、おしゃべりを始めた子どもから、老人に至るまで、学力の差に関わらずこの文法テーマを間違えて使うことはありません。

たった1つの文法テーマを、たった3つの簡単なルールで覚えるだけで、間違いなくあなたの英語の印象が良くなります!
自然な英語を目指しているなら、何よりもまずこれから学んでください。

送料550円のみで、通常3,850円の1万3000部以上売れた大人気教材をご自宅にお届けします!

その文法テーマとは?

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (6 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語能力試験最難関のN1取得。幼い頃から日本文化に興味を持ち、日本語も日本人と見分けがつかないほど流ちょうに使いこなせるN1講師。座右の銘は「Challenge yourself!」