【英語日記のコツ】主語を省略しよう!

【英語日記のコツ】

こんにちは、講師のエリカです。

今回は、これから英語日記を書きたいと思っている方のためにネイティブらしい英語日記の書き方のコツを一つご紹介したいと思います。

ずばり!英語ネイティブが日記を書くとき、主語を省略することが多いです。

英語ではSV(O)構造が基本中の基本なので、原則としては主語と動詞を省略することが出来ません。しかし、日記を書くときは主語が「I」になることが多いので省略しても意味が通じるのです。

 

実際に省略してみよう!

まず、例文を見てみましょう。

I went to the grocery store and bought some potato chips.

「スーパーに行って、ポテトチップスを買ってきた。」

日本語では自然と「私は~」が省略されるのですが、英語でも次のように書くことができます。

Went to the grocery store and bought some potato chips.

Went to the grocery store. Bought some potato chips.

いかがでしょうか?主語がなくても、「自分がしたこと」だとわかりますね。

 

「I」以外の主語は…?

では、次の例文はどうでしょうか?

I went out for a walk. It was a sunny day. My friend Jay was out watering the flowers.

「散歩に行ってきた。いい天気だった。友達のジェイが外で花に水をあげていた。」

この例文の主語を省略してみましょう。

Went out for a walk. It was a sunny day. Jay was out watering the flowers.

お解りいただけましたか?

第一文の「I」は省略されていますが、「it」も「Jay」も省略されずに残っていますね。これは、「I」以外の主語まで省略してしまうと、もはや理解不能な文章になってしまうからです。

(my friendは自明なので省略しました。自分向けに書いている文章なら、敢えて説明する必要もなさそうですね。)

もちろん、これはピリオドだらけでかなりシンプルな例なので、よりスムーズな書き方の例も見てみましょう。

 

Went out for a walk. What a sunny day! Bumped into Jay, who was out watering the flowers.

bump into(~にばったり会う)の前の主語が省略されているのがわかりましたか?

 

英語日記を楽しむときは、是非主語を省略した文章にも挑戦しましょう!

 

 

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (8 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA