「いっぱいいっぱいです!」英語でこんな表現できますか?

「もういっぱいいっぱいなんです!」を英語で言ってみよう!

 

こんにちはフルーツフルイングリッシュのEriiです。

ゴールデンウィークが遂にやってきましたが

休み前はお仕事が忙しかったのではないでしょうか?

 

さばいてもさばいても振ってくる大量のタスク・・・

Why god!Why!? とオフィスで大声で叫んでしまう前に、

もうこれ以上の仕事を受け持つことができないことを周りに知らせましょう。

 

「いっぱいいっぱい」だからと言ってこんな表現はNG!

 

忙しいからといってこんなことを言ってしまっては

休み明けに戻る仕事がなくなってしまいます。

 

Stop giving me more work!

Do I look like I can take on more work!?

I’m busy! Can’t you see!?

 

怖いッ!!

これは即クビになる英語例です。

決してこのような表現はしないで下さいね。

落ち着いて、感情を抑えて

相手に察してもらうぐらいのトーンで言いましょう。

 

さて、「いっぱいいっぱい」、英語でどう表現するの?

 

One’s hands are full

「他のことには手が回らないほど忙しい」「手いっぱい」という意味で使われます。have one’s hands fullと表現することもできます。

例: Can you ask someone else? My hands are full./I have my hands full.

 

be swamped

これはただ忙しいだけでなくvery busyだという意味があります。とにかく忙しい・バタバタしている・多忙極まりない!こんな状況を表す表現です。

例:  I’m going to have to cancel our plans on Wednesday. I am completely swamped with work!

 

I don’t have time to spare.

これは「時間」に焦点を置いた表現で、「時間に余裕がない」「無駄にできる時間がない」「他に使う時間がない」ことを表します。とにかく忙しくて時間がないことを伝える時に使うことができます。

 

have a lot on one’s plate

これはやることが山ほどあるという意味です。やることだらけで、もうこれ以上は受け持てないぐらい忙しいということを表します。

例: I might need you to ask Peter to join the project. I have too much on my plate to think about anything else.

 

have no room for~

「OO」に対処する・受け入れる・対応する・考える・「余裕がない」ことを表します。roomはスペースの意味で、OOに対応している頭・心のスペースがないことを表しています。気持ち的にいっぱいいっぱいだということですね!

 

例: Please make sure that everything is perfect. I have no room for errors.

 

いかがでしたか?

今週のみなさんの「いっぱいいっぱい」な気持ちを表す

英語表現は見つかりましたか?

 

まだまだ工夫次第で様々な表現ができますので、

色々な表現にチャレンジしてみましょう!

 

Have a great Golden Week holiday!

Good bye Heisei and hello Reiwa!

これを読んでもう少し英語を勉強したいと思った方は、フルーツフルイングリッシュの無料添削2枚を是非お試しください。今すぐここ↓↓↓をクリック!

人生の半分以上をアメリカで過ごし、アメリカの大学では言語学のアシスタントとして活躍されたり ネパールでも英語の講師をされていた経験があり、国際経験豊かな先生です。

人見知りしない性格で、誰とでも仲良くなる性格とホスピタリティーは英語指導にも表れています。生徒様から人気で、お客様満足度評価も高い先生です。

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (13 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
Loading...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分以上をアメリカで過ごし、アメリカの大学では言語学のアシスタントとして活躍されたり ネパールでも英語の講師をされていた経験があり、国際経験豊かな先生です。 人見知りしない性格で、誰とでも仲良くなる性格とホスピタリティーは英語指導にも表れています。生徒様から人気で、お客様満足度評価も高い先生です。