「腹兵(伏兵)あり!?」

漢字間違ってるよ〜と思われたかもしれませんが、こんにちは、Tomokoです。

私は縁あってこの数年、毎年夏にタイを訪れています。

この夏も3週間あまり周辺国を含めて滞在していたので、心に残った出来事を皆さんに

お伝えできたら、と思います。

写真はタイ料理でおなじみの「ソムタム」という青パパイヤを使ったサラダです。

甘酸っぱくて辛い、私たち日本人にも食べやすい味で、お好きな方もいらっしゃると

思いますが、タイに限らず東南アジアに行く旅行客には「お腹を壊す」経験をする方が

少なくありません。朝から大変申しわけありませんが、タイでの「腹下し」は半端なく、

日本でのそれとは比べ物にならないとも聞きます。もし当たったら、現地の病院に行くの

が一番とのことで、私も毎年覚悟してクレジットカードの保険を確かめたりしています。

が、生エビや半生の魚介を食べてもこれまで3回の滞在中、お腹をこわしたことがありま

せん。無駄に丈夫なのかも、と思いますが日本では専門店での牡蠣料理で当たったりした

のでそうとも言えないような・・。「何に当たった?」と経験者に聞いたところ、実は

けっこうな確率で「ソムタム」なのです。「なぜ?」と尋ねると、どうもサラダにトッピ

ングされた干しエビや味付けに使われる砕いたカニなどが原因では、とのこと。

有名なレストランのソムタムでも容赦なく当たる人もいるので、道端の屋台は推して知る

べし。日本から持って行った「正◯丸」では効かないくらいだそうです。

タイにいらっしゃる方は気をつけて頂いて、それでも当たったら迷わず病院へ Go! です。

 

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (10 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

ABOUTこの記事をかいた人

日本で大学卒業後、通訳資格を得て企業で働いた後、アメリカ在住。現地で言語療法士からマンツーマンのレッスンを受けつつ、出産・子育てなど含む生活を経て帰国。大学、専門学校、企業で通訳・翻訳・講師を務め講師歴は20年。どの言語でも「文は人なり」がモットーです。