英語の国籍の表現【パターンを覚えれば意外と簡単?】

英語の国籍の表現【パターンを覚えれば意外と簡単?】

こんにちは、講師のエリカです。

 

日本語では、国籍の表現はかなりシンプルですよね。国名などに「~の」「~語」「~人」などを付ければ、簡単に国籍や言語を表すことができます。

しかし、英語では国籍の表現にはいくつかパターンがあります。今日は覚えやすいように、よく出てくる国籍の表現をパターンに分けてみてみたいと思います。

 

よく出てくる国籍の英語表現パターン① -ese

まず、-eseで終わる国籍の表現。みなさんが一番よく知っているJapaneseもその一例ですね。

国名(地域名)/形容詞

  • 日本 Japan/Japanese
  • 中国 China/Chinese
  • 台湾 Taiwan/Taiwanese
  • ベトナム Vietnam/Vietnamese
  • ポルトガル Portugal/Portuguese

このグループの特徴として、形容詞をそのまま「~人」という名詞として使うことが出来ません。正確には、定冠詞theを付ければ「~人たち」というcollective(集合的)な名詞として使うことが可能ですが、「一人の~人」の場合は形容詞の後ろに名詞personなどを置くのが一般的です。

例)the Japanese (日本人たち)/a Japanese person(日本人)

× a Japanese (日本人)

また、国名に直接語尾-eseを付ける場合もあれば、China/Chineseのように最後の母音などが消える場合もありますので注意しましょう。

 

よく出てくる国籍の英語表現パターン② -ish

こちらもEnglishなどでよく出てくるパターンです。

  • イギリス England/English
  • アイルランド Ireland/Irish
  • スコットランド Scotland/Scottish
  • ブリテン Britain/British
  • スペイン Spain/Spanish
  • フィンランド Finland/Finnish

このグループの名詞はイレギュラーです。an Englishman, an Irishwoman, a Brit, a Finnなどさまざまなパターンがあるので注意しましょう。

 

よく出てくる国籍の英語表現パターン③ -an

こちらはAmericanなどで馴染みのある語尾ですね。国籍の表現で一番よく使われる語尾です。aで終わる地域名に付くことが多いイメージですが、ときどき-ianになるので注意しましょう。

  • 韓国 Korea/Korean
  • イタリア Italy/Italian
  • ドイツ Germany/German
  • カナダ Canada/Canadian
  • ロシア Russia/Russian
  • オーストラリア Australia/Australian
  • アフリカ Africa/African
  • アメリカ America/American
  • ヨーロッパ Europe/European

名詞を作るときは、そのままa/anを付ければ「~人」という表現になり、語尾-sを付ければ複数形になります。

例)an Italian(イタリア人)

例)Europeans(ヨーロッパ人たち)

 

国籍の英語表現ーその他

最後に、イレギュラーな表現をいくつか見てみましょう。

  • フランス France/French
  • チェコ Czech/Czech
  • オランダ the Netherlands/Dutch

-chで終わる国籍の表現がいくつかあります。名詞はイレギュラーです。

  • アイスランド Iceland/Icelandic
  • ニュージーランド New Zealand/New Zealand
  • タイ Thailand/Thai

-landで終わる国名の形容詞は概してイレギュラーです。しかし、それぞれの言い方には理由があります。例えば、ScotlandがScottishになるのはScot族を表すからであり、逆にIcelandが×Iceishにならないのは「アイス(氷)族」の国ではなく、「氷の国」だからだと言います。

 

いかがでしたか?

このパターンを参考に是非覚えてくださいね。

フルーツフルイングリッシュで英語表現の楽しさ感じてください 。初めての方には英作文添削チケット2回分をプレゼント。
「無料英語テスト800問(解説付)」メルマガも大人気。今すぐチェック!

英語テスト800問・英文添削2回が無料!

※このブログでは英語学習に役立つ情報アドバイスを提供していますが、本ブログで提供された情報及びアドバイスによって起きた問題に関しては一切、当方やライターに責任や義務は発生しません。
※ここでの情報や助言を参考に英文を書いたり下した判断は、すべて読者の責任において行ってください。ここに掲載されている記事内の主張等は、個人の見解であり当社の意見を代弁・代表するものではありません。

1 Star (8 イイネ!が押されています)
この記事が良いと思ったらイイネ!を押してください。
読み込み中...
 HOMEへ戻る 

コメントする

コメントは認証制です。執筆者に認証されるまでは表示されません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語能力試験最難関のN1取得。幼い頃から日本文化に興味を持ち、日本語も日本人と見分けがつかないほど流ちょうに使いこなせるN1講師。座右の銘は「Challenge yourself!」