アメリカのSocial Studies授業講座 Experiencing American Social Studies Course

Chris先生のアメリカの授業シリーズ第2弾、開講決定!!
今度はSocial Studyでアメリカの授業を体験しませんか?

アメリカのSocial Studies授業講座とは?!

アメリカ現地の学校で教えられている社会史の授業をフルーツフルイングリッシュに直輸入!!

アメリカで教師を務めるChris先生だからこそ教えられるリアルな社会史の授業を通じて、アメリカ合衆国の全てを学びます。

この講座では、アメリカの壮絶な歴史、カラフルな文化、変わりゆく社会、アメリカ全土を時代を越えて旅していきます。アメリカ人から見たアメリカとはどのような国なのでしょうか?日本の授業やニュースで知るアメリカとはまた違った一面が見られます。

日本以外の国を知ることで、日本という国も見つめ直していきませんか?社会史好き・歴史好き・ニュース好き・英語好きが唸る講座が始まります!あなたの日常に刺激を。熱いディスカッションを。今までとは違った視点で考える力を!

アメリカのSocial Studies授業講座と英語力

アメリカのSocial Studies授業講座の英語レベルについて

アメリカのSocial Studies授業講座では、アメリカの中学校〜高校で教えられている社会史の授業内容を学びます。アメリカの歴史・文化・政治を全て英語で学びます。

教材、課題、ディスカッションの全てが英語で行われるため、 上級者向けの講座となっています。 ※もちろん、自分の英語力を試したい中級者の方も受講頂けます。

アカデミックイングリッシュのスキルを伸ばすため、アメリカに関する知識を増やし、英語力を高め、ニュースを読み解く力、海外の方とのコミュニケーションスキルの向上を図りましょう。英語力は欲しいけれど、「英語」自体を学ぶことに飽きを感じている方や英語を使って英語以外の科目を学びたい方にもオススメです。

この講座では英語のテキストブックを読み、問題にライティングで答え、ディスカッションでは受講生の意見を聞き、ご自分の意見を話すスキルが求められます。そのため英語のベースとなる4つのスキル全ての向上を期待できます。

受け身で丸暗記の授業ではなく、社会で通用する“自発的”な高い英語力を養う講座

「授業」と聞くと受け身な講座を想像してしまうかもしれません。しかし、当講座はその正反対で積極性が求められます。そのため受け身な授業を期待される方には受講をオススメしない講座です。

まずは英語の教材を読みます。その後読んだ内容を分析してもらいます。そして分析した内容をライティングとディスカッションを通じてアウトプットします。課題ごとに異なる視点から学んだ内容を分析するスキルが求められ、分析した結果にあなたの意見を含め、先生や周りの受講生に分かりやすく共有する英語力が必要となります。

また、暗記力は一切必要ありません。代わりにアメリカの学校で重要視されるcritical thinking skill/analytical skillが磨かれます。建設的なディスカッションをするためのコミュニケーション力やロジカルに質問に答える英語力・文章構成力が試される講座です。

ビジネスで英語を使う機会がある方、留学を予定している方にとっては必ず身につけたい必須スキルであると同時に、これまでアメリカの社会史に特別な興味がなかった方でも、高レベルで本格的な英語講座としての受講をオススメします。

こんな方にオススメの講座

  • アメリカの社会問題・歴史・地理に興味がある方
  • アメリカ人の友人・同僚・ビジネスパートナーの文化/考え方を学びたい方
  • 英語での文章の書き方を学びたい方
  • 留学を予定されている方/留学中の方
  • 英語ネイティブと同じ授業を受けてみたい方
  • 学生に戻って授業を受けたい方
  • 英語ネイティブが学ぶ分析力・クリティカルシンキング力・ディスカッション力を習得したい方
  • 英語を使って別の教科を学びたい方
  • ニュースを読み解く力が欲しい方
  • 日本以外の国について学び、日本という国をより深く理解したい方
  • 新しい視点から物事を考えるきっかけが欲しい方

英語ニュースの
読解力を磨きたい方にも

普段あなたが受講する英語講座は「一般的な英単語」を学ぶ良い機会です。本講座はアメリカの社会史・歴史を題材とする講座のため、普段は目にしない新しいボキャブラリーを学びます。

英語のニュースサイトを開くと、とっつきにくい政治や社会問題の記事がズラッと並んでいますよね。Legislature? Parliament? Constitutional rights?−いつかはスラスラと読めるようになるんだ!と思いながらも見慣れない単語が多いと途中で読むのを諦めていませんか?実際よりもハードルが高いと感じてしまい本当に読みたい記事を断念していませんか?結果、”Man Saves Drowning Dog”のような簡単そうなタイトルの記事に走ってしまうことはありませんか?

アメリカのSocial Studies授業講座では、難易度の高い単語へのアプローチ方法をお教えします。語彙力は「暗記」が全てではありません。文脈との関係で語彙を理解する方法を学び、ご自分でも難しい単語を自然に使えるようになるためのメソッドを学びます。

日常会話に限定されていたあなたの英会話幅を、政治・世界の問題について議論できるレベルまで上げて社会人としてのコミュニケーションスキル向上を目指しましょう。

テキストブックの内容

本講座は6か月間の講座で、合計3冊のテキストブックを使います。テキストブックは3つのテーマに分かれています。

テキストブックは全て英語ではありますが、1冊を2か月かけてしっかりと学んでいきますので、授業のペースを心配されている方も安心して受講して頂けます。それでは3冊のテキストブックのテーマを見ていきましょう。

Vol 1. アメリカの歴史

テキストブックVol 1.のテーマはアメリカの歴史です。はじめにヨーロッパ人がアメリカに入植する前のアメリカとアメリカの先住民について学びます。次に植民地時代に移ります。イギリス帝国によるアメリカ大陸の植民地化と後の独立革命に焦点を当てていきます。

次のセクションでは1800年代の奴隷制度から南北戦争の前後のアメリカを見ていきましょう。南北戦争を経て、国としてどう再建・復興をしていったのか。西部開拓、そしてアメリカ全土へ定住するまでの歴史もここで学びます。

続いて大恐慌、冷戦、公民権運動など20世紀の重要出来事に目を向け、最後に21世紀の近代史を学び1冊目は終わります。

Vol 2. アメリカの地理と文化

テキストブックVol 2.のテーマはアメリカの地理です。アメリカの様々な地域とその地域ごとの文化、経済、特色を学んでいきます。アメリカと言うと最初にニューヨーク、カリフォルニア、ハワイが浮かびますが、合計50の州があり、それぞれに異なるカラーがあります。アメリカには州法があり、州ごとに法律も違います。

面白いことに州ごとにmottoまであるんですよ!テキサス州のmottoはFriendship、カリフォルニアはEureka!、ワシントン州はAl-ki (Bye and bye)です。

難しい話ばかりではなく、アメリカのポップミュージックの歴史など、文化史も取り上げていきます。受講後は更にアメリカ旅行が楽しくなること間違いありません!

Vol 3. アメリカの政治制度

Vol 3.ではアメリカの政治の仕組みを学びます。アメリカでは中学から高校にかけて全ての学生が国の政治の仕組みを勉強します。

連邦政府の三権分立制(立法府・行政府・司法府)、連邦政府 vs. 州政府、そして、選挙人団について具体的に学びます。

さらに、アメリカ合衆国の重要文書を読みディスカッションを行います。独立宣言(the Declaration of Independence)、合衆国憲法 (the Constitution)、権利章典 (the Bill of Rights)の重要部分を読み、人々の基本となる法律や考え方を理解しましょう。

歴史を通じて考えるアメリカと日本の違い

この講座では、アメリカの激動の変化を見ていきますが、その間、日本ではどのようなことが起きているのでしょうか?日本とアメリカの関係はどのように変化してきたのでしょうか?日本−アメリカ間の重要出来事をタイムラインで見ていきましょう。

また、権利章典( the Bill of Rights)がアメリカの個人主義社会とどう関係しているのか、集団主義である日本社会との違いは何なのか、米国と日本の比較も行っていきます。他国について学ぶことで、新たに見えてくる日本の姿があるのではないでしょうか。皆さんの見解も是非お聞かせください!

講座アウトライン

[ 表紙イメージ ]

テキストは全部で3冊、それぞれのテキストは Chapter 1: Introduction 〜 Chapter 5 Review で構成されています。各チャプターでは基本的には下記@〜Dの流れを繰り返し英語力を養っていきます。テキストのチャプターのサンプルを下に記載しています。

※今後内容が変更になる可能性もございます。予めご了承くださいますようお願いいたします。

  • 01
    Anticipation Guide
  • 02
    Topics
  • 03
    Review Exercise
  • 04
    Vocabulary
  • 05
    KWL
Part 1 U.S. HistoryVol毎のテーマ

Chapterサンプル

Anticipation Guide 予備知識チェック

ここに各チャプターで学ぶことを事前にどの程度理解しているかのチェック問題が用意されています。

Statement Yes, I agree No, I disagree
There were many different groups of Native Americans with different cultures, and ways of living
Many British colonists came to North America for religious freedom.

Topics チャプターの中で扱うトピック/テーマ

トピック例

  • The Native Americans who lived in North America before Europeans arrived.(ヨーロッパ人が現れる前の先住民族)
  • The arrival of English Colonists.(イギリス人入植者の到着)
  • The French and Indian War(フレンチ・インディアン戦争)
  • The American Revolution(アメリカ独立革命)

Review Exercises 復習問題

チャプターを読む前と後で、どう意見や知識が変わったかをチェックし、もう一度復習問題に答えます。

Vocabulary ボキャブラリー

あなたが気になった単語をチェック。下記は記入例です。

Word Without looking it up, what do you think it means? Look up the definition and write it down. Personal connection. How will you remember this word in the future?
anticipation Anticipation is thinking about what will happen in the future. the action of anticipating something; expectation or prediction. The anticipation guide will help me know what to expect when I begin a new chapter.
independent If someone is independent, they are separate from something or someone. 1. free from outside control; not depending on another's authority.
2. not depending on another
If I am independent, I take care of myself. An independent country is not controlled by another country.

KWL Revisited テキストで学んだ内容の整理

K-W-L とは、What do I Know?、What do I Wonder?、What did I Learn?、のことで、テキストで学んだ内容をK-W-Lの型に沿ってまとめていきます。

K (What I Know) W (What I Wonder) L (What I Learned)
テキストを読む前に、テーマについて既に知っていることを書きます。



テキストを読む前に、テーマについて気になることや疑問点を書きます。



テキストを読んで、学んだことを書きます。



※上記アウトラインは講座の一部の内容のみご紹介しています。また、上記内容は変更になることがありますので、ご了承ください。

どんな課題が出題されるのでしょうか?

課題もクリエイティブで楽しいものばかりです!例えば、アメリカの歴史上の重要人物を一人選び、その人物のshort biography(小伝)を書く課題や、あなたが教材の中で興味を持った都市、州、地域についてエッセイを書く課題があります。

後半では、少し難易度を上げ、権利章典から条項を一つ選びエッセイを書く課題も出題されます。各テーマの最後には、振り返りの課題が出題されます。

Zoom授業で盛り上がろう!

各テーマごと、合計3回、のZoom授業があります。これだけ興味深いテーマが揃ってしまうと、やはり話し合いたいですよね!意見交換を行いたいですよね!テキストブックで学んだこと、あなたが気になったこと、課題の質問などをZoom授業でぶつけてください。発言して下さる方が多いほど、ディスカッションは盛り上がります。

話すのが得意でない方も心配はいりません。Chris先生がしっかりリードしてくれますので、ご安心ください。社会問題や歴史について話すのはハードルが高いと感じるかもしれませんが、皆さん同じ気持ちで臨まれるので大丈夫です。本番で緊張してしまう方は、レッスンが始まる前に言いたい意見をいくつか準備しておくと焦らずに話せますよ。

まとまっていなくても大丈夫です。参加をすることに意味があり、発言をすることが自信につながります。フルーツフルイングリッシュは英語を学ぶ場です。職場や旅行時の「本番」に向けての練習ができる場であり、失敗などありません。お互いの意見に耳を傾け、様々な見解を楽しんでいきましょう。

最後にChris先生からあなたへ一言

Hi Everyone,

I am really looking forward to helping you improve your English by studying social studies, and I am looking forward to sharing my country’s history and culture with you, as well as sharing how we teach social studies in America.

Chris

受講生だけに与えられる特典

この講座の受講生には、学習が有意義なものになるため通常の特別講座にはない特典をご用意しました。

特典 01

質問し放題

添削結果について疑問がある場合は通常月額3,080円で提供している質問し放題オプションを6ヶ月間お付けします。(総額18,480円相当)
確実に1回1回疑問を解消しながら先に進むことができます。

※この講座で提出した課題に対してのみ有効です。
※いただいた質問は、講師が他の受講生の学習に役立つと判断した場合、終講レポート等に掲載させていただく場合がございます。

担当講師プロフィール

PROFILE

Chris先生プロフィール

日本での指導歴が豊富で、日本人が間違いやすい表現や文法をしっかりと理解している講師。趣味は音楽と合気道!間違いを恐れずにまずは書いてみることが重要だと考えており、お客様の文章からできる限り伝えたい情報やニュアンスを読み取り、細かいフィードバックをしてくれます。

座右の銘は「You can do it if you really want.」

出身
アメリカ
学歴
Major: English
職歴
Teacher: Seven years teaching English in Japan,
including three on the Japan Exchange Teaching program,
and four years teaching at trauma informed schools in America for students with special mental health needs.
趣味
Music, Aikido, Yoga, Cooking

先生から一言

Hello everyone! I live in America now, but I lived in Japan for seven years. I look forward to helping you with your English.

I think that one of the most important parts of writing in English is choosing the right word or phrase for the occasion. So, keep working on your natural wording.

Don’t worry if you make a mistake. Every mistake you make is a chance to improve your English.

サービス説明

商品名
Chris先生のSocial Studies講座
内容
  • マンツーマン添削指導<全12回>
  • テキスト<全3冊>
    ※テキストはPDFでの配布です。
  • Zoom講義<全3回>
  • 質問し放題オプションを無料付与
    ※月額3,080円(税込)×6ヶ月分、18,480円相当額
    ※添削結果について疑問がある個所を無制限で質問できます。
    ※当講座の課題にのみ有効です。
料金

受講料金 76,230円 → 今回募集価格 59,400円<税込>

<お支払い回数> 以下から選んでいただけます。

【一括払い】
受講料金 76,230円 x1回払い → 今回募集価格 59,400円<税込> x1回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時のみ

【分割払い(2回)】
受講料金 38,877円 x2回払い → 今回募集価格 30,294円<税込> x2回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 60,588円

【分割払い(3回)】
受講料金 26,172円 x3回払い → 今回募集価格 20,394円<税込> x3回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 61,182円

【分割払い(6回)】
受講料金 13,467円 x6回払い → 今回募集価格 10,494円<税込> x6回払い
※お支払いタイミング:初回ご注文時と、その後31日ごと
※お支払い総額: 62,964円

※分割払いの場合、途中で参加されなくなった場合でもお支払いの停止はできません。

※この料金のほかに通常の自由作文を利用する際の英作文チケットが必要です。必要となるチケット枚数は30枚程度です。
※講座で出題される課題の1回あたりの必要チケット枚数は2枚です(3課題のみ英作文量が多く4枚必要)。
※講座で出題される自由作文を既定分量より多めに作文された場合はこの枚数以上のチケットが必要となります。


定員

募集枠:先着30名様(早割募集定員:20名様)
※早割募集は、2021/06/15(火)までです。

※定員になり次第締め切ります。

お申し込み期間

2021/07/15(木)まで

受講期間

2021/07/16(金)〜2022/02/17(木)まで

7/16(金)Textbook Vol.1 配信日

第1回 7/23(金)
第2回 8/20(金)
第3回 9/3(金)
第4回 9/17(金)
第5回 10/1(金) Textbook Vol.2 配信日
第6回 10/15(金)
第7回 10/29(金)
第8回 11/12(金)
第9回 11/26(金)Textbook Vol.3 配信日
第10回 12/24(金)
第11回 1/7(金)
第12回 1/21(金)

※教材はPDF(電子媒体)での配布です。すべてオンラインでご利用頂けますので、海外にお住まいの方でもお気軽にご参加ください。

※「質問し放題」特典での質問は講座開講期間中のみ受け付けます。

※ご家庭の事情により、秋頃に講師が休暇を取る予定があり、課題配信予定日が変動する場合がございます。予めご了承ください。

※このスケジュールは予定であり、その時々の課題の提出状況などにより見直す場合がございます。
※各課題の締め切りは課題配信日から2週間です。それ以降の提出は行えません。また未利用分の返金は行えません。あらかじめご了承お願い申し上げます。
※各配信日当日にeメールでお知らせいたします。
※毎回課題締切当日もしくは前日に提出が集中します。その場合には添削結果のお届けが通常よりお時間を頂く場合がございます。配信日1週間以内のご利用を推奨いたします。

セミナー
スケジュール

第1回目
2021/9/25(土)08:00-
2021/9/26(日)08:00-
※上記いずれかをお選びください

第2回目
2021/11/20(土)08:00-
2021/11/21(日)08:00-
※上記いずれかをお選びください

第3回目
2022/1/29(土)08:00-
2022/1/30(日)08:00-
※上記いずれかをお選びください

※ご家庭の事情により、秋頃に講師が休暇を取る予定があり、課題配信予定日が変動する場合がございます。予めご了承ください。

オンラインレッスンの詳細

アプリについて

ZOOMというオンライン会議アプリを使って行います。スマホ、タブレット、PCなどお好きな端末からご利用いただけます。

都合が悪くなった場合は、事前連絡があれば、同様の内容の別のコマに振り替えることができます。講師は顔を出して講義をしますが、お客様はお顔を写すかどうかは各自で選択していただけます。

お客様自身の通信回線の問題によって講義が受けられない場合は、振替はいたしません。その場合、講義動画をお届けしますのでこちらで代替させていただきます。また同様の回の振り替えであれば承りますのでご安心ください。

講義には、指定の教材を準備して臨んでください。著作権の関係で、当社側でコピーを配布したり、オンラインレッスン上でそれらを直接配布することはいたしません。

開始までのお手続き

※重要 本講座にはZoomを使用します。

参加されるセミナーまでに、下記の案内ページに沿ってご自身でセットアップを行っていただく必要がございます。

当社では、お問い合わせをいただきましても、Zoomのセットアップや設定のお手伝いができません。従いまして、下記の案内ページをご確認いただき、ご自身でZoomのセットアップができることを本講座の受講条件とさせていただきます。

万が一、設定ができずに受講できなかった場合でも、返金は承れませんので、以下のご案内をご覧いただき、ご自身でお手続きができると判断された場合のみお申込みいただきますようお願い申し上げます。

Zoom設定方法案内ページはこちら

注意事項

動画形式で提供するすべてのデータの著作権、肖像権(当社講師・スタッフ・お客様が映り込んでいるものを含む)は弊社が保有するものとなりますので、FacebookなどのSNSや他サイトに投稿したり、第三者が閲覧できるいかなる場所への掲載は全部・一部・画像加工の有無を問わずお控えください。

また会員様がセミナーや、レッスン中の様子を録音したり、録画したりする行為は行っていただけません。

レッスンやセミナー等の特典で、セミナーの様子を録画、録音したデータを提供する場合がございますが、お客様の音声や容姿の一部が映り込んだ場合でも、画像編集や、音声編集での削除のご要望を受け付けることはできませんのでご了承ください。

Zoomの仕様上、動画の保存期間は30日間となります。保存をご希望の場合は、セミナー終了後30日以内にご自身のパソコン等にダウンロードして下さい。30日以上経過後にお問い合わせいただきましても、動画を配信することはできませんのであらかじめご了承ください。

お支払い方法

以下のお支払い方法がご利用いただけます。

  • 銀行振込
  • コンビニ
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

お申し込み方法

この商品はメンバー様専用の商品です。メンバーサイト内からお買い求めください。

この商品はメンバー様専用の商品です。メンバーサイト内からお買い求めください。